乳がんは早期発見、早期治療を目指しましょう。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ



[管理番号:3627]
性別:女性
年齢:44歳
初めて質問させていただきます。
6月末、市の乳がん検診(マンモグラフィー+触診)を受診。
7月末、検査結果が郵送。
    精密検査が必要(要エコー)
    右…異常なし
    左…腫瘤の疑い(カテゴリー分類3)
8月末、乳腺外来にてエコー検査受診
    エコー検査の前に医師からマンモの結果を見せてもらいました。
    左右から撮影した画像には白く丸い腫瘤が映ってました。
    上下から撮影した画像には腫瘤は映っていませんでした。
9月上旬、エコー結果を聞きに受診
    右…異常なし
    左…腫瘤あり(外側下に約7mm×約3mm)
   お話ししてくれた医師からは「腫瘤が7mm弱と小さいので12か月経過観察」
とのことでした。
私が「腫瘤は癌なのか?違うものなのか?」と質問したところ
「癌特有のしこりのようにゴツゴツした感じは見られない。脂肪の塊かもしれない。
癌ではないとはいいきれない。
正確に知りたいとなると、腫瘤に針を刺すという検査が必要。
ただ、腫瘤が小さいので針を刺すことは困難。
それであれば、12か月経過観察して、癌であれば1cmから1.5cmくらいになっている。
そこで針を刺して検査する方がよい。
2cm以内のものでリンパに転移していない乳癌は早期発見になるから。」
エコー結果を聞いた時には、乳癌かもということで頭がいっぱいでした。
徐々に冷静になってみると、
「乳癌であれば12か月経過観察するのはどうなのだろう。
腫瘤が大きくなり転移の可能性も出てくる。12か月待つしかないのか?」
と、疑問が生じてきました。
私は12か月経過観察するしかないのでしょうか?
田澤先生に診察してもらい、腫瘤が何なのか調べてもらうことは可能なのでしょうか?
マンモグラフィー画像エコー画像がなく、医師から聞いたときには私が動揺した状態で
あったために、田澤先生にきちんと乳房の状態が伝わっているか心配です。
どうかよろしくお願いします。
 

田澤先生からの回答

こんにちは:田澤です。
今回のメールを拝見すると、「あまりにもレベルの違い」に愕然してしまします。
「腫瘤が小さいので針を刺すことは困難」
⇒7mmで「小さすぎて…」とは!!!
 この大きさで「組織診ができない」ようでは「早期発見を諦めている」わけですか???
 それでは検診の意味は全くありません。
 あり得ない話です。
「12か月経過観察して、癌であれば1cmから1.5cmくらいになっている。
そこで針を刺して検査する方がよい。」

⇒この医者は正気ですか??
 自分が、患者さんの立場でも「1年、増大させてから治療しても大丈夫」などと思うのか、聞いてみたくなります。
「腫瘤が大きくなり転移の可能性も出てくる。12か月待つしかないのか?」と、疑問が生じてきました。」
⇒当然の疑問です。
馬鹿馬鹿しい話です。
7mmあれば、「細胞診でもバネ式針生検でもマンモトームでも何でも」できます。
「私は12か月経過観察するしかないのでしょうか?」
⇒全く、そんなことはありません。
「田澤先生に診察してもらい、腫瘤が何なのか調べてもらうことは可能なのでしょうか?」
⇒当然です。
 「良性なら良性でいい」し、(万が一癌ならば)「当然、早期発見すべき」なのです。(同様の状況で当院で、そのまま治療をしている人が少なくないことは事実です)





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。