Site Overlay

骨シンチ検査の結果について

[管理番号:7531]
性別:女性
年齢:54歳
病名:乳がん
症状:胸骨の痛み

田澤先生、
お忙しい中、このような場を設けていただきまして、
ありがとうございます。

私は、2016年11月に浸潤性乳管がん(Stage1)にて、
部分切除及び放射線治療を行ない、
現在までアリミデックスを服用しています。

術後2年半を過ぎたころから胸骨と肩甲骨の痛みが生じ、
寝返りが打てないほど痛みが増したので、
整形外科で、痛みの生じる部分に注射を打ってもらい、
痛み止めも内服しましたが、効果がありませんでした。

骨転移が心配になり、被爆が気になりましたが、
骨シンチ検査を受け、先日、検査結果が出ました。

画像所見は、
「骨転移は指摘できません。

痛みの部位に一致して変性とtracerの集積があります。

変性による変化と考えます」
と書かれてました。

質問になります。

①『変性による変化』とは何でしょうか? 

②tracerの集積があっても骨転移でないこともあるのでしょうか?

外来では、骨転移ではなかったので、安堵してしまい、
何の質問もしませんでしたが、
帰宅して落ち着いて画像所見をみると
いろいろ心配になってしまいました。

(痛みも継続中です)

無知な質問でお恥ずかしいのですが、
ご回答下さいますよう、
宜しくお願い申し上げます。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

「①『変性による変化』とは何でしょうか? 」
→人間は皆、年齢とともに変性(言い換えれば老化)するのです。

 代表的なのが過重骨である椎体(背骨)や大関節(肩など)

「②tracerの集積があっても骨転移でないこともあるのでしょうか?」
→勿論!

 画像所見に書いてある通り「変性でも」起こります。

質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
3+
江戸川病院 乳腺外科 東京都江戸川区東小岩2-24-18 電話03-3673-1221
Copyright © 2020 乳がんプラザ. All Rights Reserved.
Scroll Up