乳がんは早期発見、早期治療を目指しましょう。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ



[管理番号:7287]
性別:女性
年齢:54歳
病名:浸潤性小葉ガン
症状:

田澤先生はじめまして。
術後2か月がたち、ようやく病理検査結果の説
明を受ける事ができましたが、担当の先生が提案してくださった治療方針について、自分では決断することが難しく、先生のご意見を伺いたく存じます。

 今年の1月に浸潤性小葉癌で右乳房の部分切除術とセンチネルリンパ節生検で4㎜の転移が1つ見つかった為、レベル1の腋窩リンパ節郭清術を受けました。

 手術から3週間たった2月に病理検査の結果についての説明を受けましたが、「HER2が2+で追加検査を行っている為に、まだ全ての検査結果が出揃っていないけれど、来週くらいには結果がわかると思います。」
との事でしたので、その日は郭清したリンパ節には転移がなかったことなどの説明を受け帰りました。

 ところがその後連絡がなく、一か月以上経過したので、気になって連絡してみたところ、検査結果はもう出ていた様子で、3月もおわりに近づいた昨日、ようやく説明を受けることができました。

 病理検査結果
・癌の種類 : 浸潤性小葉癌
・大きさ : 7×5㎜
・腋窩リンパ節転移 : あり (センチネルリンパ節に1個 4㎜)
・その他の転移 : なし
・進行度 : Stage ⅡA
・HER2タンパク発現量 : HER2(2+)⇒最終的に陽性
・増殖能 : ki67(17.4%)
・ホルモン感受性 : ER(3b) PgR (3b)
 
 ずっと気になっていたFISH法の検査結果は
・HER2/neu FISH スコア : 1.33
・増幅の有無 : 下記参照
・スライドの状態 : 2 (まずまず判定可能)
 備考 FISHスコア1.33ですが、HER2平均4.55です。
ASCO/CAP
HER2ガイドラインではequivocalに相当します。

と記載されていました。
担当の先生の説明によれば、ちょうど陽性と陰性の境界域にあり悩ましい結果ではあるけれども、日本ではこれ以上の検査はできないとの事でした。
(リフレックステストについては触れられませんでした。)
 担当の先生も他の先生と相談してくださったり、調べてくださった結果、最終的にはHER2陽性と判断し、わずかでも再発のリスクを減らす為に、化学療法の
FEC 4クール + タキサン ハーセプチン 4クール + ハーセプチン の計1年3か月の治療と、放射線治療5週間とホルモン療法5年から
10年を受けることを提案されました。
化学療法については希望ならば
TC4クール+ハーセプチンでも可との事です。
ただ、ACやTC4クールで
も良いのだけれども、どうせ治療をするのなら、上記のように、しっかりやっておいた方が良いのではないかという事でした。
化学治療はより
安全に行うため、ポートを鎖骨下に埋め込む手術を外来で行うという事です。

 化学療法を受けないという選択肢もある事や、すぐに決めることができない場合、先に放射線治療とホルモン治療を受けながら熟考し、どうするかを決めても良い事ということも言われました。

 先送りにするよりも、期間を限定したほうが私にとっても決めるのに良いでしょうとの事で、一週間後に返事をする事になりました。

 結果を待つ期間が予想外に長かった事もあり、このようにHER2陽性判定の微妙な結果が出るのではないかということは想定しておりました。
その間自分なりに考え、必要ならば化学療法も受ける覚悟でおりましたが、いざ実際このような検査結果を目にした時、化学療法を選択するのが果たして本当に最善なのかどうか、決断できず悩んでいます。
ですので先ずは放射線治療とホルモン治療を受けながらもう一度よく考えてみようかと思っているところです。
田澤先生のご見解をお聞かせください。
どうぞよろしくお願いします。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

Equivocalの場合にはリフレックステストが推奨されています。
保険診療上、その病院で行えない際には「病理のセカンドオピニオン」という方法があります。

「田澤先生のご見解をお聞かせください。」
→上記通りです。

 他の病理結果との「合わせ技」ではなく、純粋に「HER2が陽性なのか?」追求すべきでしょう。

 
 


 

質問者様から 【結果2 】

IHC法HER2 2+ FISH法equivocal 化学療法行うべきか
性別:女性
年齢:54歳
病名:浸潤性小葉ガン
田澤先生の診察:[診察なし]
田澤先生の手術:[手術なし]

 田澤先生こんにちは。
先日はお忙しい中、ご見解をお聞かせいただきありがとうございました。
 先日主治医の先生とお話しをした際、田澤先生の言われていたリフレックステストについてお願いをしたところ、病理検査をしてくださった先生には一度断られているという事で、別の先生をいろいろあたってくださり、自費で新たに検査を受けられる事になりました。
 できれば、原発巣ではなく転移巣で検査をしていただきたいとお願いしていたのですが、問い合わせをしてくださったところ、転移巣の腫瘍が4㎜ととても小さいもので、迅速診断のための凍結標本にしたため残っていないと言われたそうです。ですので、新たな検査も前回と同様に原発巣で行うために、同様の結果が出る可能性もありうるとの事でした。
 もしもまた結果がequivocalと出た場合は化学療法は行わず、放射線治療とホルモン療法で治療を受けたい意向と、もしも陽性と出た場合は、主治医の先生の提案された方法ではなく、TC+ハーセプチンにしてほしい意向を伝えました。

<Q&A結果>





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。