Site Overlay

化学療法の選択について教えて下さい

[管理番号:4014]
性別:女性
年齢:58歳
今年10月中旬に乳房温存術受けました。
浸潤がん乳頭せん管がん、充実せん管がん、硬がん
腫瘍の大きさ8mmx6mm
センチネル生検は陰性で、リンパかく清はせず
その後の精密検査で、3個中1個2.1mm転移あり。
高ホルモン反応性あり
グレード2
脈管浸潤なし、HERS2陰性
Ki67は25%
ルミナールB
術後内出血、血腫あり、今落ち着き12月中旬より放射線予定です。
転移見つかった事で化学療法TC療法4クール説明受け、どちらでも良いと言われ選択迷っています。
今週中に決めるように言われてます。
オンコタイプDKについても伺いましたが、そちらも迷ってます。
宜しくお願い致します。
 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。
pT1b(8mm), pN1(2.1mm), luminal
「転移見つかった事で化学療法TC療法4クール説明」
⇒ここは「全くの誤り」です。
 「転移がある」ことと「化学療法の適応」は、この場合無関係です。
 あくまでも「luminal Aならばホルモン療法単独」「luminalBならば化学療法併用」ということです。
 ○Ki67=25%で「luminalB」となっていますが、ここが「怪しい」ところです。
 『今週のコラム53回目 「Ki67が「30未満」ならホルモン療法単独、Ki67が「30以上なら、Oncotype DXを推奨」しています。」』を参照してみてください。
  実際のところ、(Ki67=25%である)質問者は「RSが30以下=化学療法の上乗せが殆どない=luminalA」の可能性が高い事がわかります。
「オンコタイプDKについても伺いましたが、そちらも迷ってます」
⇒上記の通り、ホルモン療法単独でいいと思いますが、「もしも迷うなら」
OncotypeDXしてみてください。(きっと安心することでしょう)
 
 

 

質問者様から 【質問2】

こんにちは
前回はつたない質問に丁寧にお答え頂き、有難うございました。
12月中旬より放射線(リニアック)治療中です。
 25回です。
oncotype DX 依頼し、結果です。
Score 29
Tam alone 17%
Tam+chemo 14%
ER Score 11.1 positive
PR Score 4.1 negative
ハーツScore 8.3 negative
中間リスクでしたが、主治医よりやはりTC療法3ヶ月した方がいいねと言われました。
先生は中間リスクなら効果は低いと言われていたので、ショックでした。
高リスクに近い値なので、動揺してしまい恥ずかしいですが、分からなくなってしまいました。
先生のお考え御教示頂きたいです。
また、ホルモン療法について主治医より強めの薬の使用と言われています。
先生ならどのような薬、5年? 10年?が良いと考えられますか?
度々すみません、宜しくお願い致します。
 

田澤先生から 【回答2】

こんにちは。田澤です。
RS=29%中間リスクですね。
化学療法による上乗せは「Tam + Chemo」-「Tam Alone」=3%です。
何を迷っているのですか??
化学療法による上乗せは「僅か3%」 普通なら(少なくとも私は)化学療法を勧めません。
担当医の「やはりTC療法3ヶ月した方がいいね」など、全く無視して「自分の気持ちに素直になりましょう」
◎普通ならホルモン療法単独とすると思いますが…
  ただ、ご本人が「1%でも上乗せを狙いたい」というのであれば、ご本人の意思を尊重します。
「先生ならどのような薬、5年? 10年?が良いと考えられますか?」
⇒普通に…
 アリミデックス5年間です。
 ♯アロマターゼインヒビターでも「5年より10年」という結果が出ましたが、まだ「標準療法は5年」です。
  質問者が5年飲みきった時点で「標準治療が10年に変更」されていたら、その時に「10年投与は考えれば済む」だけのことです。



質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
0
Scroll Up