乳がんは早期発見、早期治療を目指しましょう。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ



[管理番号:7174]
性別:女性
年齢:29歳
病名:乳がん
症状:特にありません。

田澤先生 こんばんは。

2年前しこりがある事に気付き検査の結果
乳がんである事がわかりました。

脇のリンパへの転移も無く、温存手術をし病理結果で
転移はどこにも無く、ステージ1 浸潤癌 浸潤2ミリとの結果で抗がん剤の治療は
無く、放射線治療30回の治療をしました。

癌の種類は浸潤が2ミリだった為検査が難しくハッキリとは
分からず、針生検の結果からするとホルモンは関係がなく遺伝性であるとの診断からトリプルネガティブだろうとの事でした。

術後3ヶ月に1度は病院で主治医に触って確認してもらい
次の3ヶ月はエコー、丁度1年目でエコー、マンモ、レントゲン、血液検査との検査をしておりました。

今回2年目の検査で、エコーは問題無かったのですが、
マンモの検査で 腫瘍のあった場所に石灰化が確認されました。

もともと癌が発見できた写真の時石灰化がハッキリと写っていた事、腫瘍があった場所に石灰化がまたある事からMRIの検査をする事になりました。

今回の石灰化は小さい点のようなところは0.何ミリ、小さく点を結んでみても4ミリ程しかなく、
腫瘍があった場所は胸の下端らへんだった為マンモを使って針生検をするのは難しいと言われました。

念のため先生にも針生検の検査は出来ないかと聞きましたが、難しいと言われてしまいました

MRIの検査も生理の関係で来月に入ってからの検査でとても不安に思っております。

温存の術後の石灰化は悪い物ではない事の方が多いとは
説明を受けましたが、まだ術後2年しか経っていない事や、腫瘍の場所に石灰化してる事や、再発の石灰化の理由が揃って
いるのかと思うと怖くてたまらなく、ご相談させていただきました、、、
先生がおっしゃっている、術後の悪くない石灰化の可能性は高いのでしょうか?

お忙しい中申し訳ございませんが、この状況での先生のお考えなど教えていただけませんでしょうか。

宜しくお願い致します。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

「お忙しい中申し訳ございませんが、この状況での先生のお考えなど教えていただけませんでしょうか。」
→普通に考えたら(術後にできる)「異栄養性石灰化」でしょう。

 ただ、(画像を見ていないので、解りませんが)乳房内再発を否定しきれないのであれば(無意味なMRIではなく)ST-MMTすべきでしょう。
 ★ マンモで映っている以上、不可能ではないと思います。

 
 

 

質問者様から 【質問2 再質問 術後の石灰化が確認出来ました】

性別:女性
年齢:29歳
病名:乳がん
症状:

田澤先生こんにちは

再質問までの期間がすぐになってしまい
申し訳ありません。

お許しください。

お返事いただきありがとうございます。

田澤先生の一言ですごく気持ちが楽になりました。

この質問の後にも主治医の方にどうしてもマンモトーム生検をお願い出来ないかと電話をしましたが、やはりまだ石灰化が小さく今するべきではないし、場所的に出来ないと言われました。

でも、マンモグラフィーの画像だけでは、術後の石灰化なのか局所再発の石灰化なのか見分けが付かない。

だからMRIをしっかり受けてほしいと言われました。

MRIの検査は3月始めで結果は半ばに出ます。

このままMRIの検査だけで100%の結果を聞けないのはとても不安です。

素人には、端すぎて出来ないの意味も小さすぎて取れないの意味もあまり理解できませんが、田澤先生がおっしゃっている マンモで写っている限り取れないものはないというお言葉の投稿を見て、
少しでも可能性があるなら100%の結果をきちんと知りたいです。

家族に田澤先生のお話をして相談し、
主治医に正直に不安である事を話して紹介状と自身の病気のデータを出してもらい田澤先生の病院で検査していただく事は出来ないでしょうか。

可能でしたら、田澤先生に検査していただきたいです。

私の今の状態で急ぐ程ではないのでしょうか?
モヤモヤが募るばかりで急ぐ事を考えてしまいますが、田澤先生のご意見に従って先生の病院に行かせていただきたいです。

もし可能な場合、MRIの検査の予約は入ってしまっている為検査を聞きに行く日に主治医に話すつもりをしております。

どのタイミングで予約などをしたらいいのかなど教えていただけましたら幸いです。

 

田澤先生から 【回答2】

こんにちは。田澤です。

「素人には、端すぎて出来ないの意味」
→これは是非『今週のコラム 78回目 この間、何回も引っ張られたりして大変な思いをした患者さんですが、得られたのも(我々ではなく)「患者さんの勝利」なのです。』をご参照ください。

 質問者が言われいる「端過ぎて」というのは、上記コラムで出している実例に近いのだと思います。
 

「マンモで写っている限り取れないものはない」
→これは実際に「成功体験」を積み上げない限り、得られないものです。

「主治医に正直に不安である事を話して紹介状と自身の病気のデータを出してもらい田澤先生の病院で検査していただく事は出来ないでしょうか。」
→このような「地元で、無理だといわれたから」という理由で当院で
ST-MMTをしている人は多数いらっしゃいます。(皆さん、考えることは一緒です)

 このような所謂「難関症例」を経験することで(私ばかりではなく)「実際に引っ張り出してポジショニングをする技師さん」たちのスキルが上がっているのです。

「どのタイミングで予約などをしたらいいのかなど教えていただけましたら幸いです。」
→MRIなど、無意味な検査なので(私には)興味はありません。

 検査が希望ならば(いつでも)秘書メールしてください。

「秘書室メール」はこちらをクリックしてください。

 
 

 

質問者様から 【質問3 術後の石灰化が確認できました】

性別:女性
年齢:29歳
病名:乳がん
症状:

田澤先生
前回のご紹介ありがとうございました。

読ませていただきました。

私の疑問に思っていた事にとても合った物でした。

そしてメールよりご連絡させていただきました。
本当にありがとうございます。

今回石灰化で見つかる局所再発の事をもっと勉強しようと思い自分なりに調べてみるものの、局所再発してしまう事に関してはたくさんの資料などを読みました。

その中で、石灰化での局所再発がどのような状態で見つかるのかという情報がなかなか少ないのだなと思いました。

温存術後に局所再発する確率が高いとの事なのですが、
石灰化で見つかる場合腫瘍があった場所に石灰化が出来る事は稀なのでしょうか?

再発に伴う石灰化は、手術した場所の近くに出来るのが特徴。

とも見たのですが、高確率で手術をした場所に石灰化があると再発に近いのでしょうか?
再発をしない方は手術した場所から離れた所に石灰化が見つかる事の方が多いのでしょうか。

たま、ステージやリンパなどへの転移あり、なしはあまり関係がないものなのでしょうか?

今は石灰化が4ミリなのですが、これがもし悪かった場合早期発見となるのですか?

再発が起こるのはかなり稀だと言われていたのですが、術後に石灰化が出来る場合があるという知識を2年間知らなかった為教えていただきたいです。

お忙しい中このような質問をしてしまい申し訳ありません。

教えていただける範囲で教えていただきたいです。

宜しくお願い致します。

 

田澤先生から 【回答3】

こんにちは。田澤です。

物事を複雑に捉えているようです。
「石灰化を起こす癌と、起こさない癌」みたいに「石灰化を特別な事象」と捉えると、とんでもない迷路に入り込むだけです。ご注意を。

「術後に石灰化が出来る場合があるという知識を2年間知らなかった為教えていただきたい」
→シンプルに考えましょう。

事実は…

①温存術後には切除して縫合した部分には、その治癒過程において融解した脂肪や新生した肉芽組織(瘢痕)にカルシウムが沈着して石灰化が起こることがある。=異栄養性石灰化
②温存乳腺に癌が再発(もしくは新規発生)した際に、その癌が乳管内であると、その乳管内への進展過程で(乳管内で増殖した癌細胞の中で)壊死が起こり結果として「癌細胞が乳管内で壊死することによる石灰化」が起こることがある=壊死型石灰化③その他 石灰化が起こる原因の99%以上は「癌以外が原因」です。 例)乳腺症に伴うものなど

注意点
温存乳房内にできた癌でも(たまたま)石灰化を起こすケースと、(当然ながら)石灰化を起こさないケースがある。(頻度からすれば、石灰化を起こさない方が多い)
①は通常(②に比べると)粗大となりやすいので、「粗大であれば」②ではなく、①と(画像だけで)判断できることがある。
①であっても(画像上)粗大とは断定できない場合や③は②と(画像だけで)区別することは不可能→区別するにはST-MMTしかない。

 
 

 

質問者様から 【質問4 】

術後の石灰化が確認できました
性別:女性
年齢:29歳
病名:乳がん
症状:

こんにちは
前回のお返事ありがとうございます。

きちんと読ませていただきました。

先生のこちらのサイトで色々勉強させていただき今の病院でのMRIの検査がやはり意味があまりない検査だと言われた意味も理解しました。

主治医の先生には手術前からずっと見ていただいていて感謝しております。

ですが、田澤先生の患者さんへ対しての考え方、不安を少しでも取ろうとしてくださる意識を読んだりさせていただいて、家族にも相談をし田澤先生の病院に転院させていただけないかと考えております。

田澤先生の患者さんはとても多く田澤先生への負担になってしまう事は承知しております。

術後に転院は良くないなどと聞きますが、術前だとしても術後だとしてもこれから先、ずっと見ていただける先生はやはり信じられる先生がいいです。

今回の状況で、このまま今の病院に通い続ける事は私にはとても不安です。

今回、田澤先生に6月の頭にガイド下マンモトーム生検の予約を取らせていただきました。

検査の確定もしていただき、その日の流れもメールよりご連絡いただきました。

3月のMRIは断るのがどうしても気が引けてしまい断る事ができません。

ですが、そのMRIの結果の日に主治医に田澤先生のところでガイド下マンモトーム生検を受けるということ、転院をしたい事はきちんと伝えるつもりでおります。

ですが、万が一MRIの結果で局所再発の可能性があると言われた場合でもその後からは田澤先生に診てもらいたいというのが私の希望です。

どこか他の病院や生検していただける病院を紹介してくれる提案があったとしても田澤先生に診ていただきたいです。

ですがガイド下マンモート生検の検査までは3ヶ月程空く事で
田澤先生にお会いできるまで再発と言われてしまった場合とても不安です。

田澤先生に検査をしていただく前に転院を前提に受診させていただく事はできるのでしょうか。

MRIの検査の結果で問題ない。
と言われたとしても正直不安ではありま
すが3ヶ月待っても再発などの進行は大丈夫なのでしょうか?

方法がない場合などは今の病院で外科生検する事も考えた方がいいので
しょうか?

お忙しい中、このような質問をしてしまいすみません。

宜しくお願い致します。

 

田澤先生から 【回答4】

こんにちは。田澤です。

何か勘違いされているのかもしれません。
MRIの結果には興味が無い(MRIで癌が疑われて外科的生検をする事態とはならないでしょう)

★石灰化は(エコーで所見が無い以上)選択肢は2つなのです。
1.ST-MMTで確定診断
2.半年後、経過観察

2を選択肢し、「半年後に先延ばしとする」よりは(ST-MMTは混んでいて6月になりますが)「4か月後に確定診断をする」方がいいのでは?

 
 

 

質問者様から 【質問5 術後の石灰化が確認できました】

性別:女性
年齢:29歳
病名:乳がん
症状:

先日田澤先生にマンモトーム生検の検査をしていただいた者です。

田澤先生と直接お会いし、先生に検査していただけた事とても感謝しております。

そして、先生に直接お会いしてお話しさせていただいてずっと不安でいたのですが、とてもホッとした気持ちになり先生の所に行かせていただけて良かったと思っております。

病院の方よりご連絡をいただき、2週間後の検査結果を聞きに行く受診を1週間程伸ばすと予約の変更のご連絡をいただきました。

お電話いただいた際は、驚いてしまい動揺してしまいましたが、先生のご経験からは珍しい事ではないと思っております。

直接先生の前で質問をしようと思うと緊張して質問したい事が飛んでしまい前回も質問出来ずに診察を終えてしまい、この場で可能な限りで構いませんので質問させてください。

・今回田澤先生にマンモグラフィーでの画像を見ていただいたのですが、田澤先生から見てあの画像の石灰化はどのように判断できますか?
やはり、小さく判別するには難しい物だったのでしょうか?

・今回生検していただいた検査の追加検査に関して私の事例も含めてどのような理由から追加検査になるものなのでしょうか?
癌なのか、癌じゃないのか判別が難しかった為それよりも詳しい検査を追加して調べていただく為の検査。
という解釈は正しいのでしょうか?

個人の検査結果になってしまうので、確定的なお応えが無理なのは承知しております。

先生の可能な範囲内で構いませんので、教えていただけましたら嬉しいです。

 

田澤先生から 【回答5】

こんにちは。田澤です。

「・今回田澤先生にマンモグラフィーでの画像を見ていただいたのですが、田澤先生から見てあの画像の石灰化はどのように判断できますか?やはり、小さく判別するには難しい物だったのでしょうか?」
→その通りです。

 術後ということで(見るまでは)異栄養性石灰化らしきものを想像していましたが、細かいものでした。

「・今回生検していただいた検査の追加検査に関して私の事例も含めてどのような理由から追加検査になるものなのでしょうか?」
「癌なのか、癌じゃないのか判別が難しかった為それよりも詳しい検査を追加して調べていただく為の検査。という解釈は正しいのでしょうか?」

→まさにその通り。

 付け加えるとしたら、「軽度」異型があるがそれ単体では「癌とは判断できない」
 追加で筋上皮マーカーを免疫染色します。
 正常乳管は筋上皮を伴って増殖する:これを2相性といいます。
 これに対して癌だと「2相性の消失=筋上皮を伴わずに上皮だけが増殖する」ので、それで鑑別するのです。

 
 

 

質問者様から 【質問6 】

術後の石灰化が確認できました
性別:女性
年齢:29
病名:乳がん
症状:

田澤先生、お忙しい中お返事を頂きありがとうございます。

お返事の内容を読ませていただき自分の解釈の仕方がシンプルに出来なくなってしまい、もう少しだけ質問させてください。

: 術後ということで(見るまでは)異栄養性石灰化らしきものを想像していましたが、細かいものでした。

田澤先生がおっしゃっていた
[細かいものでした] は、
シンプルに田澤先生の予想していたよりも判別が難しい程の細かさ。
という事でしょうか。

癌に伴う石灰化の細かさ。
という意味のお返事だったのかな?とも思いお聞きさせていただきました。

2.私のように、術後の石灰化で検査をしてもらい軽度の異型が確認され追加検査をしていただいて癌では無かった。
という事は先生のご経験からありますか?

3.「軽度」異型があるがそれ単体では「癌とは判断できない」

"軽度の異型が確認できたので癌だと思うが断言できないので断言する為の追加検査をしていただいた。

という事なのでしょうか。

癌である可能性が高い。
から追加検査なのか、、と悪い方にばかり解釈してしまいました。

シンプルに、癌ではないともまだ断言ができない為に追加の検査をしていただいた。

と考えてもいいのでしょうか。

4.軽度の異型
の、軽度とはどのような状態の事なのか教えていただけますか。

私自身が不安な気持ちで先生からのお返事の文章を読んでしまっているせいで田澤先生に対して失礼な受け止め方をしていましたらすみません。

悪い方にばかり解釈してしまい時間を空けずに質問をしてしまいました。

結果を聞く事が全てなのだから結果を聞く日まで待てばいいのにと自分でも分かっているのですが、恐い。
と思う気持ちが大きくなってしまいこのような質問内容になってしまいました。

大切な質問の場所なのに、個人的な感情の質問ばかりしてしまい申し訳ありません。

 

田澤先生から 【回答6】

こんにちは。田澤です。

「石灰化の見た目(画像診断)」と「顕微鏡的所見(病理診断)」とは全く異なるものです。
すでにST-MMTして組織を採取し、それを顕微鏡で見ていて診断を確定させる段階なのだから、(今更)「石灰化の所見に拘る必要はない」のです。

「シンプルに田澤先生の予想していたよりも判別が難しい程の細かさ。という事でしょうか。」
→上記コメント通り。

 「マンモでの石灰化がどう見えたのか?」は、現時点(病理診断を詰めている段階)では無意味です。(石灰化が判断しやすいとかしにくい事と、病理診断が難しいことは無関係です)

「術後の石灰化で検査をしてもらい軽度の異型が確認され追加検査をしていただいて癌では無かった。という事は先生のご経験からありますか?」
→勿論、あります。

「シンプルに、癌ではないともまだ断言ができない為に追加の検査をしていただいた。と考えてもいいのでしょうか。」
→その通りです。

「軽度の異型の、軽度とはどのような状態の事なのか教えていただけますか。」
→ザックリ言えば…

 「異型があることはある」ただし、(通常のHE染色だけでは)「癌と言い切れるほど(異型が)強くない」→追加免疫染色で「筋上皮を伴っているのか(2相性の保持)?」調べないと確定診断にいたらないということです。

★不安なお気持ちは解りますが…
 これ以上のコメントはできないので、(追加免染の)結果を待ちましょう。





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。