Site Overlay

術後化学療法の選択に関して

[管理番号:8638]
性別:女性
年齢:50歳
病名:浸潤性乳管癌
症状:
投稿日:2020年6月15日

初めてご相談します。

乳がんと診断されてからいつも拝見させていただいております。

5月に右乳房部分切除手術を受けました。
病理結果は以下の通りです。

?
浸潤性乳管癌(硬癌)
腫瘍径:11×6×6㎜
pT分類:pT1c
リンパ節転移:(-)、Total(0/1)
乳管内病変を含めた大きさ:40×8×40㎜
リンパ管侵襲:ly1
静脈侵襲:v1
核異型スコア:(3)
核分裂像スコア(3)
ER:(0)
PgR:(0)
HER2:(3+)
ki-67:50%

HER2陽性ステージIと診断されました。

前向きに治療に臨みたいと思うので、術後の抗がん剤の選択のついてぜひ田澤先生にアドバイスを頂きたいです。

抗HER2療法の選び方がよくわかりません。

脈管侵襲あり、ki値50で再発高リスクなのかと思い、スタンダードにアンスラ+タキサンをやるのかと思っていたところ、主治医からはドセタキセル+エンドキサン+ハーセプチン(4回)⇒ハーセプチン単剤(14回)を勧められました。
ステージIなので非アンスラレジメンで十分ではないかとの事でした。

自分であれこれ調べると、ついつい思考が予後不良に傾いてしまい、適正な判断ができません。
ご助言をよろしくお願い致します。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

11mmの早期乳癌。
完璧な早期乳癌です。

「ステージIなので非アンスラレジメンで十分ではないかとの事でした。」
⇒100%同意します。
 TC+HER 私も迷いません。

 
 

 

質問者様から 【質問2 】

アレルギー症状が出た後の抗がん剤選択について
性別:女性
年齢:50歳
病名:浸潤性乳管癌(硬癌)
症状:
投稿日:2020年6月29日

お世話になります。

前回はご回答いただきありがとうございました。
安心して治療に望むつもりでしたがアレルギーが出てしまいましたので再度ご相談させてください。

術後化学療法としてハーセプチン+ドセタキセル+エンドキサンを行う予定でした。

ハーセプチンは強い寒気が出たのですが投与完了し、次のドセタキセルを開始したところで直後に強いアレルギーがでてしまい即中止となってしまいました。

TCが出来ないという事で治療方法が変更になり、EC3週毎4回(12週間)⇒パクリタキセル毎週投与12回(12週)+ハーセプチン⇒ハーセプチン単剤(9カ月)になりそうです。

アレルギー体質で皮膚にかぶれや痒みが出る事が多く日常的に抗アレルギー薬を服薬しています。
アレルゲンは特定できておりません。

アルコールは全く飲めないというわけではありませんが、ビール1缶が精一杯というところで全身に赤みが出てドキドキします。
(これは飲みたくて飲んでます。)

ドセタキセルにアレルギーが強く出てしまいましたので、パクリタキセルの投与が不安です。
投与してみなければわからないのでしょうか?やってみるべきですか?

初回ハーセプチン単剤しかやれなかったのに胸が圧迫されるような感覚と軽いめまいがあります。
毎週投与となれば1回あたりの投与量が減ることで回避できるものなのでしょうか?

 

田澤先生から 【回答2】

こんにちは。田澤です。

「ドセタキセルにアレルギーが強く出てしまいましたので、パクリタキセルの投与が不安です」
⇒「私も」不安です。(paclitaxelでも同様の副作用が出る可能性が高い。再発治療ならまだしも「術後補助療法」ではリスクは回避すべきでは?と、セカンドオピニオンならコメントするところです)

 ECx4⇒trastuzumabx18でいいのでは?

質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
43+
江戸川病院 東京都江戸川区東小岩2-24-18 電話03-3673-1221
Copyright © 2020 乳がんプラザ. All Rights Reserved.
Scroll Up