Site Overlay

授乳期の検査について

[管理番号:3696] 性別:女性
年齢:33歳
こんにちは、質問させて頂きます。
産後1年4ヶ月、授乳中です(第2子)。
授乳頻度が減り、胸の張りも少し落ち着いたころ、ふと胸を見ると、右の胸の上側が凹んでおり、触ると外側に1センチ程の固いしこりを感じました。
授乳期間中、よく詰まって、しこりが出来、痛い思いをしていたのですが、今回は、しこりのある方の胸が反対に比べると極端に小さい、凹んでおり、痛みがない、授乳しても変わらないことが気になり、産婦人科を受診しました。
エコーで診て頂くと、「授乳期間中は、判断が難しい、念のため大きな病院で、マンモとエコーを」となりました。
エコーですぐ解ると思っていたので、再検査と言うことに戸惑い、大病院での再検査の前に、乳腺外科のクリニックを受診しました。
そこでも、先生が直接エコーをして下さいましたが、しこりのところを診て、「これだと思うんだけど…」程度のお話でした。
大病院でのマンモを受ける必要があるか尋ねると、「マンモで左右比較すれば、何か解るかもしれないし、エコーは色んな目があった方がよいので、一応受けてみては」と言われたので、再検査も受けました。
大病院では、マンモもエコーも技師の方でした。
結果は、マンモでは、やはり授乳中のため読解不能?、エコー異常なしで、半年後にまたエコーを受けるようにとのことでした。
質問は、以下です。
①授乳期間中ですが、2人の医師がエコーで、「はっきりとは解らない」から「マンモを撮った方がよい」と言い、その場で解決ならなかったのは技量の問題なのでしょうか。
今は、頂いた結果を信じ、半年後に乳腺外科で経過をエコーでみて頂くつもりですが、話題の有名人の方も、授乳中の検査では乳腺外科医に問題ないと言われ、その数ヶ月後に癌が発覚し、骨や肺への転移まである…という事を見て、不安が残ります。
エコーで解らないものが、遠隔転移などない、のでは?
②触れる固いしこりがあるのに、エコーで癌なのか乳腺の詰まりなのか判断できないとは、どういう意味なのでしょうか。
③左右で、胸の大きさ、張り方が大きく違います。
左右差は承知です
が、1人目の授乳期やこれまでにない位の差と感じます。
乳腺の詰まりが
原因でこの様なことも考えられますか。
以上です、よろしくお願い致します。
 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。
芸能人の報道に皆さんが「検診の精度に疑問を持つ」のも無理からぬことかもしれません。
ただ、私から言わせれば「授乳中だからといっても、エコーで十分に解るので心配ありません」
○質問者の場合、正解は「乳瘤」だと思います。
「①授乳期間中ですが、2人の医師がエコーで、「はっきりとは解らない」から「マンモを撮った方がよい」と言い、その場で解決ならなかったのは技量の問題なのでしょうか。」
⇒「技量」というよりは「経験」の問題でしょう。
 授乳期の乳腺の超音波に慣れていれば「解る」筈です。
「エコーで解らないものが、遠隔転移などない、のでは?」
⇒遠隔転移など絶対に心配ありません。
 さすがに「遠隔転移のあるような癌」を複数の医師が診断できないようでは「世も末」となります。(そんな事は、芸能人を診療する様な「名前だけの名医」だけで十分です)
「②触れる固いしこりがあるのに、エコーで癌なのか乳腺の詰まりなのか判断できないとは、どういう意味なのでしょうか。」
⇒乳瘤は「乳汁が正常乳腺にしみ込んで硬くなるもの」です。
 これは通常の「嚢胞のように、はっきりとしたエコー像を呈しない」ので、「経験が乏しいと、何が何だかわからない=癌で無いとはっきり自身を持って言えない」という事なのだと思います。
「乳腺の詰まりが原因でこの様なことも考えられますか。」
⇒その通りです。 決して癌ではありません。
 

質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
0
江戸川病院 東京都江戸川区東小岩2-24-18 電話03-3673-1221
Copyright © 2020 乳がんプラザ. All Rights Reserved.
Scroll Up