乳がんは早期発見、早期治療を目指しましょう。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ



[管理番号:3672]
性別:女性
年齢:34歳
初めまして。
ただいま第二子授乳中の者です。
今年のお盆に久々に近所の乳腺外科でエコー検診を受け、何も特になかったのですが、その後生理明けに自己触診をしていたところ、左胸の外側斜め下〈先生から見て時計で考えると4時くらい〉に、小豆?くらいのしこりを初めて認識しました。
コリコリとして、押すと逃げる感じで動きます。
たまーに、ピリピリする気もしますが、乳腺炎などはなったことはないです。
しこりをとても気にしてしまい、先日、国が定める乳腺専門医の先生のクリニックへ行き、その旨を伝えてエコー、触診をしてもらいました。
エコーは私も見ましたが、ぼやっとあるような、ないような、言われて凝視したら、何かあるような・・のレベルのものがありました。
先生曰く、『授乳中はこういうのはよくある』『授乳期は診断が難しい』『これは〇〇病です、というものではない』『手っ取り早いのは、断乳して様子を見る』『お乳が出るから、針は刺さないんです』『断乳してしばらくしてもしこりが消えなければ、来てください』
とのことでした。
その場では、なーんとなく安心して、帰路に着きましたが、無理を言ってでも、針を刺して調べてもらった方が良かったのでは?と思い始めました。
後記の先生の通り、これを機に断乳して〈寝付く時だけ授乳なので〉、
しばらく様子を見てもいいのでしょうか?
 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。
「エコーは私も見ましたが、ぼやっとあるような、ないような、言われて凝視したら、何かあるような・・のレベルのもの」
⇒乳瘤です。
 授乳期乳腺の中に「ミルクが鬱滞」すると「硬く触れ、エコーで見ると(周りより)少し低エコーに見える」のです。
 心配ありません。
「後記の先生の通り、これを機に断乳して〈寝付く時だけ授乳なので〉、しばらく様子を見てもいいのでしょうか?」
⇒断乳する必要はありません。
 もしも「針生検」する場合でも「授乳中でも一向に差し支えない」です。
 少しは漏れますが、直ぐ塞がります。





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。