Site Overlay

術後からの皮膚下違和感

[管理番号:8789]
性別:女性
年齢:58歳
病名:浸潤性乳癌
症状:手首、足首近くの違和感
投稿日:2020年8月2日

 いつもこちらのサイトを参考にさせていただいています。
ありがとうございます。

 左浸潤性乳癌で温存手術、センチネルリンパ節生検して3ヶ月弱になります。
今はホルモン剤のみの段階です。
術後5日めから左手首から肘寄り数センチのところに違和感感じるようになりました。
皮膚下に何かはさまっているような、リストバンドをしているような軽い圧迫感のような感じです。
術後の点滴の針が入っていたあたりです。

 私は過去に右胸の乳癌手術しているため、手術時に右腕で点滴を避け足で点滴し、術後左腕に点滴しました。
手術の影響ではと気になり医師に尋ねましたが、神経を切るようなことはしてないし心配ないとの話でした。

その後、治らないのでもう一度尋ねたら血管炎かもと言われましたが、特に心配ないとのことでした。

 手首から少し後から左足首も同じ様な違和感がでました。
手術中、点滴をしていた方の足です。
手首も足首の方も特に痛みや痺れなどはなく、24時間ずっと何かはさまっているような違和感だけです。

 手術で血栓ができないよう対策していましたが、それと同様な、なにか手術の影響が考えられるようなものではないですか。
このまま自然と消失するものでしょうか。
何か対策しておいた方がいいのかずっと気になっています。

 直接、乳癌の症状とは関係ない質問になって申し訳ありませんが、何か考えられることはありますでしょうか。
よろしくお願いします。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

「手術で血栓ができないよう対策していましたが、それと同様な、なにか手術の影響が考えられるようなものではないですか」
⇒血管炎で間違いありません。

 点滴をしていたのだから「因果関係」から状況証拠十分ですね。
 自然に軽快しますのでご心配なく。

 
 

 

質問者様から 【質問2 】

注射について 両側乳がんの場合
性別:女性
年齢:58歳
病名:異時性両側乳がん
症状:
投稿日:2020年11月2日

以前、手術時の点滴による血管炎について質問させていただいた者です。

その節にはありがとうございました。
手術から5ヶ月がたち、ほぼ血管炎も治ってきました。

今回はインフルエンザの予防接種について悩んでおります。
コロナの影響もあってか職場から、全従業員に予防接種をするよういわれています。

私の場合、右腋窩は放射線治療しており20年以上たちますが注射、点滴、採血等しないようしてきました。
左は5ヶ月前の手術でセンチネルリンパ節生検(2つ取った)しました。

担当医師にはたぶん大丈夫とのことで、左で接種するように言われました。

田澤先生が以前のQ &Aでセンチネルリンパ節生検の場合、皮下注射、点滴とも大丈夫と答えておられたと思います。
ですが私は手術時の点滴の影響で血管炎になったこともあり、また仕事で腕もよく使うので浮腫などの副反応が出やすいのではと思い躊躇しています。

現在アロマシンの副作用と思われる手指のこわばり、痛み、痺れ(これは首からかもしれません)がありますが、これは予防接種することを考慮することではありませんか。

あまり余計な心配をせず、左腕でしても大丈夫でしょうか。
それとも腕以外でしてもらうほうが無難かとも思ったりします。

お忙しいところ恐縮ですが、よろしくお願い致します。

 

田澤先生から 【回答2】

こんにちは田澤です。

「あまり余計な心配をせず、左腕でしても大丈夫でしょうか。」
⇒その通り。
 ご安心を。



質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
31+
Scroll Up