Site Overlay

乳輪、乳頭温存後の痛みについて

[管理番号:8189]
性別:女性
年齢:44歳
病名:乳癌
症状:

こちらのQ&Aをいつも参考にさせていただいております。

乳がんと診断され、手術、治療をアメリカで受けております。

2018年6月末に乳がんの診断、2018年8月上旬に左乳頭乳輪温存皮下乳腺全摘出、同時再建(インプラント)後、皮膚の一部壊死した為2018年9月中旬インプラントは取り出し、乳輪と乳頭は壊死することなく現在に至ります。

Path stage:mpT1bpN0(sn) oncotypeDx RS=9 と RS=7 (腫瘍は3つあり、うち1つはDCIS)
治療は全摘後、タモキシフェンのみです。

手術から1年過ぎましたが、最近温存した乳頭が"痛い"という感覚があります。
温存した乳頭、乳輪には感覚は戻らないという認識でしたので、この痛みが不思議です。

痛みは神経痛のようなピリピリしたような射し込むような痛みです。
(我慢できる痛みです。)
次の定期検診の際に主治医にも聞いてみようと思いますが、田澤先生の見解もお聞きしたくこちらにお問い合わせさせていただきました。

よろしくお願いいたします。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

乳頭の痛みですね?
感覚が戻ってきているのでしょう。(再発の兆候ではありません)

江戸川病院 東京都江戸川区東小岩2-24-18 電話03-3673-1221
Copyright © 2020 乳がんプラザ. All Rights Reserved.
Scroll Up