乳がんは早期発見、早期治療を目指しましょう。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ



[管理番号:7675]
性別:女性
年齢:39歳
病名:乳がん
症状:胸部レントゲンにて右下肺野異常陰影。

初めての質問です。
よろしくお願いいたします。

2016年に右乳房全摘手術をし、エキスパンダーにて同時再建し、のちにシリコンインプラントを挿入しました。
右胸に13ミリ、8ミリの腫瘍
リンパ転移なし。
ステージ1
ホルモンER ほぼ100%
PGR 90~95%
MIB1 36%Her2 3+
TCを4クール済
ハーセプチン18クール済
ホルモン治療 ノルバデックス服用中

3年め検査で胸部CTで異常なし。
しかし4ヶ月後の会社健康診断では胸部レントゲンに異常陰影あり。
要精密検査となりました。
内科に行き、再度レントゲン撮影し、やはり同じ箇所に陰影あり。
胸部CT異常なしから、数ヶ月で胸部レントゲンで異常陰影が現れるのでしょうか。
来月にシリコンインプラントの経過観察でMRIの予定です。
ただちにCTをとるべきでしょうか。
この4ヶ月の間に風邪等なく、肺転移の疑いがありますか。
回答よろしくお願いします。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

「3年め検査で胸部CTで異常なし。しかし4ヶ月後の会社健康診断では胸部レントゲンに異常陰影あり」
⇒4か月空いているのだからCTで確認すべきです。

 
 


 

質問者様から 【結果2 】

胸部レントゲン異常陰影の結果
性別:女性
年齢:39歳
病名:乳がん
田澤先生の診察:[診察なし]
田澤先生の手術:[手術なし]

先日は回答ありがとうございました。
胸部レントゲンの異常陰影にて要精密検査となり、本日主治医に相談し、当日枠で胸部CTをとっていただきました。
所見は、右肺中葉末梢部に線状・索状影を認め軽微な炎症の経過~炎症変化を疑う。前回CTでも同部にわずかな陰影はありそうだが、出現/増悪している。そのほか活動性を疑う肺病変は指摘できない。
診断は、右中葉末梢に軽微な炎症の経過疑い。

田澤先生の、4ヶ月経過してるなら胸部CTをとるべきとの回答で、来月のMRIを待たず、早期解決できた事を感謝いたします。

また改めて過去のQ&Aを拝見し、
転移や再発不安はついて回るが、
まずは初期治療を乗り越えた自分を信じ、
前に進もうと思います。
ありがとうございました。

<Q&A結果>





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。