Site Overlay

母が5年前に乳がん、ホルモン療法終了。

[管理番号:1473]
性別:女性
年齢:68歳
初めまして。お忙しい中質問させてもらいます。
5年前、母は乳がんと診断され、
術前抗がん剤治療(赤い薬?ハーセプチン)半年間で手術。
術前抗がん剤のおかげで、3×3の腫瘍も小さくなり、温存手術できました。
リンパ節転移もありましたが(+)、手術後リンパ節転移がありませんでした。
その後、抗がん剤治療(ハーセプチン)半年間、放射線治療
フェマーラ服用
硬がん 浸潤性乳管ガン
核グレード 3と悪性度が強い。
Flash法でハーセプチンが適応。
ホルモン感受性のためアロマターゼ阻害剤のフェマーラを5年間服用しました。
ホルモンの薬の副作用とかも少しありましたが、それなりに元気に5年間すごせまし
た。でもこの10月で、ホルモンの薬も終わったのですが、このまま飲み続けた例もな
いと言われ、また、飲み続けても他に負担もかかるため終了しました。
再発が不安で、まだ飲み続けた方がいいのではないかとも思いますが、いかがでしょうか?
悪性度も高かったし、まだまだ元気でいて欲しいので不安です。
よろしくお願いします。
 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。
メール内容を拝見しました。
術後アロマターゼインヒビターの指摘投与期間は現時点では「5年間」です。
ただ、先の「ATLASの長期検査」の結果で「閉経前のタモキシフェンは10年投与の時
代」となっており、閉経後の「アロマターゼインヒビター」も今後10年投与の時代を
迎える可能性は十分にあります(現在、臨床試験が行われています)
おそらく「10年投与の方が成績は良い」と思いますが、問題は「有害事象」となります。
その意味で医師側から(現時点では)「5年以上」ということはできないのです。
しかし、私は外来で「ご本人希望の場合」そのまま継続している方は結構いらっしゃいます。

回答

「再発が不安で、まだ飲み続けた方がいいのではないかとも思いますが、いかがで
しょうか?」
⇒ご本人の意思があれば、継続してもいいと思います。
 もう一度「担当医」と話をしてみては如何でしょうか。
 
 
 

 

質問者様から 【質問2】

お忙しい中、質問に答えていただきありがとうございました。
再発、転移も心配ですが、5年間服用終了でほっと安心しているそうです。
次回の検診の時にでもまた、担当医にでも相談してみます。
またまた、質問で申し訳ないですが、母のように、術前抗がん剤でリン
パ節転移が消えた場合は、悪性度の高い グレード3 でも予後はいいのでしょうか?
再発、転移も少ないのでしょうか?
乳がんは5年後でも再発、転移があると聞いています。
お忙しい中申し訳ないですが、教えていただけるとうれしいです。
 

田澤先生から 【回答2】

こんにちは。田澤です。
そもそも「HER2陽性」乳癌は「核グレード3が多い」わけですが、「抗HER2療法」は
(そもそも)「そのようなタイプの乳癌を対象として」劇的に予後を改善する効果があります。
「術前抗がん剤でリンパ節転移が消えた場合は、悪性度の高い グレード3 でも予後はいいのでしょうか?」
⇒術前抗がん剤では「完全寛解となれば、予後良好であることが解っている」以外には、データ的には「その効果と予後との関係は不明」です。
「核グレード3」であることを意識する必要はありませんが、「再発する場合には、
早期再発(2~3年以内)が多い」ことは間違いないと思います。
その意味では「5年後の転移、再発を過剰に意識」する必要はないと言えます。

質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
2+
江戸川病院 乳腺外科 東京都江戸川区東小岩2-24-18 電話03-3673-1221
Copyright © 2020 乳がんプラザ. All Rights Reserved.
Scroll Up