Site Overlay

ホルモン療法副作用について

[管理番号:2053]
性別:女性
年齢:38歳
こんにちは。
ホルモン療法の副作用について教えて頂きたく、メールいたしました。
ホルモン療法(注射、内服)始めて三ヶ月以上になります。
ここ数週間、ホットフラッシュに加えて、倦怠感、眠気、不安感(これは告知以来ありましたが…)が続いています。
ホルモン療法副作用は、その環境に慣れてくれば軽減するとも聞きますが、ホットフラッシュだけでなく、倦怠感や眠気,不安感も身体の慣れと共に軽減されますか?
ホルモン療法の副作用は、個人差があるという事は承知しております。
場合によっては休薬や中止する場合もあると思うのですが。
その線引きは、日常生活に支障をきたすかどうかなのでしょうか?
出来るだけの事はしたいので、弱音を吐かず頑張りたいのですが。
先が見えない為、不安になり、そこに不調となると更に不安…という負のスパイラルでして。
身体が慣れてくれば軽減されるのであれば、それを希望に頑張れそうなのですが。
どうでしょうか。
また、今の副作用は休薬などすれば必ず無くなるのでしょうか?
今ガマンし過ぎると、いつか休薬しても治らなくなるという事はありませんでしょうか?
教えてください。
よろしくお願いします。
 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。
「ホットフラッシュだけでなく、倦怠感や眠気,不安感も身体の慣れと共に軽減されますか?」
⇒慣れてくるものが多いです。
 眠気に関しては「朝でなく、夜に内服」という手もあります。
 
「場合によっては休薬や中止する場合もあると思うのですが。その線引きは、日常生活に支障をきたすかどうかなのでしょうか?」
⇒その通りです。
 あくまでも「予防」なのだから「生活の質を落とさない」ことが大事です。
 
「今の副作用は休薬などすれば必ず無くなるのでしょうか?今ガマンし過ぎると、いつか休薬しても治らなくなるという事はありませんでしょうか?」
⇒休薬すれば無くなります。
 いったん休薬してみるという手はあります。

質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
0
江戸川病院 東京都江戸川区東小岩2-24-18 電話03-3673-1221
Copyright © 2020 乳がんプラザ. All Rights Reserved.
Scroll Up