乳がんは早期発見、早期治療を目指しましょう。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ



[管理番号:1884]
性別:女性
年齢:44歳
8月に検診で見つかり、10月に手術で左乳房全摘しました。
現在FISHの結果待ちをしています。
浸潤性乳管癌
大きさ 35×25mm
断端陰性
エストロゲン受容体 陽性
プロゲステロン受容体 陽性
HER2 2+ →FISHの結果待ち(針生検では陰性)
リンパ節転移 陰性(0/1)
ki67 30% (針生検時では70%)
ステージⅡA
担当の先生からは
ホルモン療法(リュープリン2年+ノルバデックス5年)を実施、
ホルモン強陽性であるため化学療法は実施しない、
FISHはおそらく陰性であろう、
と言われています。
2点、先生のお考えをお聞かせいただけないかと思うことがあります。
1.リュープリンは35歳以下あるいはハイリスク群とのことですが、私はハイリスク群に該当するのでしょうか?
ルミナールAとBの境界?B?にいるため、化学療法も適応範疇であることからハイリスク群に該当するのでしょうか。
化学療法をしない私の場合は、リュープリンもやっておいた方がいいと思われますか?
2.ホルモン療法の開始時期は術後どれくらいまで猶予がありますか?
すぐに始めないといけないものなのでしょうか?
年齢的に難しいことは分かっているのですが、ホルモン療法を始めてしまえば妊娠はもうできないと思うとどうしても迷ってしまいます。
45歳の誕生日まであと7か月、そこまでに妊娠できなければ諦めてホルモン療法を始める、というのは危険なことですか?
とりあえずの命の危険が去ったと思ったら欲張りになっている、と自分でも思いますが…
先生ならどのような治療を勧められますか?
よろしくお願い致します。
 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。
pT2, pN0, pStageⅡA, luminal

回答

「1.リュープリンは35歳以下あるいはハイリスク群とのことですが、私はハイリスク群に該当するのでしょうか?」
⇒ハイリスク群ではありません
 「Ki67=30%」はSt.Gallen 2015では「中間ゾーン」に相当します。
 その意味では、もともと「化学療法をしない」選択肢も存在するため、当て嵌まりません。
 そもそも「ルミナールBが化学療法の適応」というのは「ハイリスクだからではなく、化学療法が効きそうだから」という考え方です。
 
「ルミナールAとBの境界?B?にいるため、化学療法も適応範疇であることからハイリスク群に該当するのでしょうか」
⇒「化学療法も考慮される意味での、中間ゾーン」は「ハイリスク」とは意味合いが異なります。
 
「化学療法をしない私の場合は、リュープリンもやっておいた方がいいと思われますか?」
⇒私であれば、「タモキシフェン単剤」とします。
 
「45歳の誕生日まであと7か月、そこまでに妊娠できなければ諦めてホルモン療法を始める、というのは危険なことですか?」
⇒全く問題ありません。
 「妊娠希望」の方には「出産後(授乳をする場合には卒乳後)にホルモン療法開始」としています。
○ホルモン療法は「いつ始めるか?」ではなく、「いつまで続けるか?」なのです。





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。