Site Overlay

手術前のホルモン治療

[管理番号:8201]
性別:女性
年齢:37歳
病名:乳癌、粘液癌
症状:腫瘍2.8cm 転移なし

田澤先生はじめまして。

先月しこりを発見し乳癌と診断されてからかなり混乱していましたがこちらにたどり着き落ち着くことができました。

貴重な場を公開していただきありがとうございます。

粘液癌2.8cm、T2N0M0
ER:90% PgR:40% HER2:1+
ki67:10% 核グレード:1 組織グレード:2
と診断されました。

現在の手術予定日まで2ヶ月ほどあり先に
ホルモン治療をはじめることになりましたが、
①リュープリン+ノルバデックスを服用し予定日に手術
②治験 リュープリン+ノルバデックス+イブランスを4ヶ月服用してから手術。

手術は当初予定日より2ヶ月程度遅れる。

の2通り提案されました。
早く手術できる
①、効果が期待できる(かもしれない)イブランスを使える②で悩んでいます。

田澤先生ならどちらをすすめますか?
この治験に参加するメリットはあるとお考えでしょうか?
大変お忙しいなか恐れ入りますがご回答よろしくお願いします。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

「田澤先生ならどちらをすすめますか?」
→治験を勧めることはありません。

 術前に不確実な治療を行う事のデメリットは見逃せません。

「この治験に参加するメリットはあるとお考えでしょうか?」
→全く思いません。(上記)

江戸川病院 東京都江戸川区東小岩2-24-18 電話03-3673-1221
Copyright © 2020 乳がんプラザ. All Rights Reserved.
Scroll Up