乳がんは早期発見、早期治療を目指しましょう。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ



[管理番号:7692]
性別:女性
年齢:72歳
病名:乳がん
症状:

田澤先生こんにちは。

本日はよろしくお願いいたします。

母の事で教えてください。

2012年左側乳がん全摘。
ステージ2、リンパ節転移あり。
HER2陽性。

手術後に抗がん剤治療を行いました。

現在ホルモン治療(アリミデックス)服用7年目です。

数年前に背中の圧迫骨折をしていたこともあり、プラリア皮下注射をしています。

コレステロールを下げる薬なども服用していまして、プラリアの副作用ではないかもしれませんが
不眠、頭痛等が強く出現し本人は辛いとのことで、現在3か月中止しています。

主治医はアリミデックスを服用しているので骨密度低下は止められないのだからとアリミデックスの終了を提案されました。
しかし、再発が不安なので、アリミデックスは10年続けたい気持ちがあります。
現在他の骨粗鬆症の薬は出ておりません。

調べてみるとプラリアを中止すると多発性椎体骨折がリバウンドで起こることがあり、中止する際は他の骨吸収抑制剤を服用した方が良いと知り不安になっています。

プラリアは一旦使用すると中止できない薬なのでしょうか?

もし、プラリアを再開するのであれば、どのくらいでしたら開けても大丈夫でしょうか?

先生でしたらプラリアを中止する場合は代わりの骨粗鬆症薬は何を選択されますか?

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

「主治医はアリミデックスを服用しているので骨密度低下は止められないのだからとアリミデックスの終了を提案」
⇒5年以上継続したのだから、それ以降は「有害事象が優先」という姿勢は正しいと思います。

「再発が不安なので、アリミデックスは10年続けたい気持ちがあります。」
⇒それであれば…

 別に悩む必要はありません。
 Bisphosphonateに変更しましょう。

「プラリアは一旦使用すると中止できない薬なのでしょうか?」
⇒そんなことはありません。

 Bisphosphonateに変更すればいいのです。

「もし、プラリアを再開するのであれば、どのくらいでしたら開けても大丈夫でしょうか?」
⇒シンプルに…

 6か月製剤なのだから、(おそらく現在9か月空いているのですね?)最低でも3か月以内としましょう。

「先生でしたらプラリアを中止する場合は代わりの骨粗鬆症薬は何を選択されますか?」
⇒普通のbisphosphonateです。





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。