Site Overlay

非浸潤がん、経過観察は可能ですか?

[管理番号:8560]
性別:女性
年齢:54歳
病名:非浸潤性乳管癌
症状:
投稿日:2020年5月24日

2019年夏にマンモグラフィーで右乳房90度の方向に1.5センチの石灰化あり、要精密検査、2020年春に太針生検の結果、ステージ0の非浸潤がん、MRIをしたら患部は予想より広がっており幅6センチ、奥行き2センチ、手術と放射線を勧められました。
①心身症で怖がり。
薬もいっぱい飲んでおりフラフラ。
6センチもメスを入れる
全身麻酔の手術はムリと感じる。
手術も放射線も今したくないのですが、このまま様子を見れますか?進行しない場合もあるでしょうか?②手術の場合、温存できると言われたのですが、全摘が対応ではないでしょうか?③放射線は必須ですか?

以上、初心者ですがよろしくお願い致します。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

「今、何ともないから」などの理由で初期治療を拒否し無治療(または民間療法)を行い、「手が付けられない状態」となって(半年~数年後)戻ってくる。
ある程度の経験のある乳腺外科医なら、そのようなケースは何度となく経験しています。

質問者にコメントしたいのはただ一つ
〇手術が最も楽な治療であり、(それを割ければ)必ず後悔する。

「このまま様子を見れますか?」
⇒全くナンセンス! (癌を様子を見る=進行させて大変なことになる)

「進行しない場合もあるでしょうか?」
⇒ありません。

「②手術の場合、温存できると言われたのですが、全摘が対応ではないでしょうか?」
⇒画像を見ていないので判断しようがありませんが…

 主治医の「温存できる」を信頼しましょう。

「③放射線は必須ですか?」
⇒温存手術は「術後照射が前提」の治療です。

 ただし、「手術をせずに(指をくわえて)進行させる」よりは「温存手術して放射線しない」選択は10000倍くらいは「マシ」です。
 ★手術せずに「経過を見る=逃げる=進行させる」ことは一生の後悔となります。
  

Scroll Up