Site Overlay

非浸潤性乳管癌 Her2(score3+)

[管理番号:1334] 性別:女性
年齢:66歳
母が左側乳がんになり、生検した結果 左乳腺 apocrine DCIS ER+(0%) PgR-
(0%) Her2(score3+) micropapillary flat cricriform g2 necrosis+
MR造影の結果 AC域に区域性 non-mass enhancement45×45×前後50mmがあり、内部
は比較的均一だが乳頭側には、clusterde ring enhancementが淡く確認される。 乳
頭内にはT1WI高信号の分泌が確認されるが、増強効果は乳頭直下まで。
PET検査の結果左腋窩や胸骨側身はリンパ節肥大も異常集積も認められない。
と出たのですが乳房の3分の2の乳管に癌があり、全摘種々なのですが、非浸潤の場
合は、抗がん剤などをしなくてもよいそうなのですが、手術をして浸潤があった場合
は抗がん剤や放射線をしなければならないのでしょうか?
宜しくお願いします。
 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。
術前組織診断で「非浸潤癌」ですね。
非浸潤癌なのに「HER2測定は無意味(適応外)」だし、「PETも不要(転移している
筈がない)」と言えます。
もしも「患者さん自身の希望」だとしても「明らかな過剰診療」となります。

回答

「非浸潤の場合は、抗がん剤などをしなくてもよいそうなのですが」
⇒勿論です。
 非浸潤癌では「決して抗がん剤を用いてはいけません」 効果と有害事象のバラン
スが全く崩れます
 
「手術をして浸潤があった場合は抗がん剤や放射線をしなければならないのでしょうか?」
⇒大事なことは「抗がん剤の適応」と「放射線照射の適応」条件は全く異なることです。
「抗がん剤の適応」
浸潤癌があれば、浸潤部分のサブタイプが重要となります。
★つまり、非浸潤癌でHER2タイプであることは全くの無意味です。
 浸潤部分のサブタイプが「tripple negativeもしくはHER2 typeもしくはluminal B
type」であり、かつ「浸潤径>5mm」という条件です。
 
◎サブタイプとは?
組織検査(針生検や手術標本)などで以下の3点を調べます。
エストロゲンレセプターの発現(ER)
プロゲステロンレセプターの発現(PgR)
HER2蛋白の過剰発現の有無(HER2)
⇒これらの組み合わせで
●luminal type:(ER陽性、PgR陽性、HER2陰性) ホルモン療法が有効(更に増殖指数Ki67の値が低いAと高いBに分けます)
♯luminalA(Ki67低値)ではホルモン療法単独を、luminalB(Ki67高
値)には(ホルモン療法に加え)化学療法も行う事が多い
● HER2 type:(HER2陽性のもの) ハーセプチンという分子標的薬と通常の抗癌剤の組み合わせを行う
●トリプルネガティブ:(ER陰性、PgR陰性、HER2陰性)通常の抗癌剤を行う
● トリプルポジティブ:(ER陽性、PgR陽性、HER2陽性)ホルモン療法と分子標的薬と抗癌剤の全てを行う
※正式名称はluminal B(HER2タイプ)と言います。
 
「放射線治療の適応」
乳房全摘術後の放射線照射の適応は「リンパ節転移が陽性の場合」となります。
 リンパ節転移1-3個 推奨度B
 リンパ節転移4個以上 推奨度A

質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
0
江戸川病院 東京都江戸川区東小岩2-24-18 電話03-3673-1221
Copyright © 2020 乳がんプラザ. All Rights Reserved.
Scroll Up