Site Overlay

針生検の侵入跡が摘出病変に検出された場合

[管理番号:7796]
性別:女性
年齢:45歳
病名:乳癌 右乳癌部分切除術後、ER-, PgR-, HER2 1+, Ki67 79%、浸潤径9mm
症状:

術後の病理結果で、切片10数枚のうちの1枚だけ、腫瘍から離れた部位で切断端ギリギリのところに、ボールペンで突いたような点がありました。

質問1
うろ覚えですが、病理医のコメントは、針生検時の侵入経路といったようなことが書かれていましたが、これを断端陽性とは言わないのでしょうか?

質問2
針生検を受けた病院と手術を受けた病院は異なりますので、針生検の侵入経路を含めて執刀医が摘出するのは難しかったのでしょうか?

質問3
針生検のトラクトに腫瘍のインプラントがあったと考えられるのであれば、温存乳房に腫瘍組織が残っていると考えられますか?yesであれば、主治医に何の検査を求めるべきでしょうか?

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

このメールを読む限り…
質問者は勘違いをされているのではないかと危惧します。

Biopsy tract=癌ではありませんよ?
たまたまbiopsy tractに癌細胞が確認できれば、その部位は断端陽性となるでしょう。

「質問1 うろ覚えですが、病理医のコメントは、針生検時の侵入経路といったようなことが書かれていましたが、これを断端陽性とは言わないのでしょうか?」
⇒上記通り。
 (癌細胞を含まない)ただのbiopsy tract(瘢痕)という意味では?

 ★無論、瘢痕自体は癌ではないので断端云々とは無関係です。

「質問2 針生検を受けた病院と手術を受けた病院は異なりますので、針生検の侵入経路を含めて執刀医が摘出するのは難しかったのでしょうか?」
⇒そもそも…
 
 Biopsy tractは切除が必須ではありません。(殆どのtractに癌細胞が生着していないこと+放射線をかけるから)

「質問3 針生検のトラクトに腫瘍のインプラントがあったと考えられるのであれば」
⇒そもそも、その前提に誤りがあるようです。(癌細胞の生着があれば、病理レポートに明記される筈です)

質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
0
江戸川病院 東京都江戸川区東小岩2-24-18 電話03-3673-1221
Copyright © 2020 乳がんプラザ. All Rights Reserved.
Scroll Up