乳がんは早期発見、早期治療を目指しましょう。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ



[管理番号:7764]
性別:女性
年齢:43歳
病名:
症状:7ミリのしこり

田澤先生こんにちは。

1年半前に米粒大のしこりを自分で見つけ、5ミリで形が丸いので良性かと思うとのことで経過観察となりました。
その後、自分で触る感覚では少しずつ大きくなっており、半年後に細胞診をしました。
病院からは採れなかった、とれない場合は良性のことが多く、経過観察といわれました。
自分ではやはり少しずつ大きくなっている感覚があり、今回の受診で現在、7ミリになっています。
しこりは乳首の下にあり、しこりの膨らみで乳首が上を向くようになって形に変化がみられてきています。
バネ式の針生検をしました。
生検の際、針を刺した場所ではなくしこりの
あたりに非常に痛みが強く、冷や汗をかいて生検しました。
麻酔にむらがあったかなと言われました。
現在、結果待ちです。

1年半前にせっかく自分でみつけましたが、今の病院では良性と思われるという曖昧な判断で経過観察を続けてきたこと、針生検での痛みから本当に正しい生検や治療、手術をしてもらえるのか不安に思い、先生のホームページに出会うことができ、質問させてもらいました。
今の病院で結果がでても不安に思います。
針生検は何度もできるものでしょうか。
先生の病院で再度、生検をして確定診断していただくことはできますでしょうか。
よろしくお願いいたします。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

「針生検は何度もできるものでしょうか。」
「先生の病院で再度、生検をして確定診断していただくことはできますでしょうか。」

⇒全く問題ありません。

 ご希望なら「確定診断希望メール」してください。
 100%確定診断となります。

「確定診断(生検)」メールはこちらをクリックしてください。

 
 


 

質問者様から 【結果2 】

針生検後、もう一度針生検をやり直すことはできますか
性別:女性
年齢:43歳
病名:浸潤性乳管癌
田澤先生の診察:[診察あり]
田澤先生の手術:[手術なし]

田澤先生、回答ありがとうございました。

今までの経過観察と針生検が不安だったため、田澤先生にもう一度針生検を依頼しようと思っておりましたが、病院から乳癌(浸潤性乳管癌)の告知を受けました。そして江戸川病院へ転院させてもらいました。

今後は先生に診てもらいながら前向きに治療していきたいと思っています。

乳がんになって初めてこのサイトで勉強をはじめましたが、知れば知るほど早期発見の重要性が身に沁み、不安を抱えながら経過観察をしてきたことが悔やまれてなりません。何度生検してでも確実な診断がしてもらいたかった。それはその後の人生を左右する大切なことだからです。前病院では乳がんは経過観察をしてある程度の大きさになってからでも治療をすればよいという印象を受けました。実際はしこり5ミリ以下では切除、薬なしとなりますが、経過観察をして育てたために全摘、抗がん剤、5~10年の治療をすることになるのでは人生が変わるのです。
セルフチェックでの早期発見を促すならば、早期の確定診断をしてもらいたいと心より願います。早期の確定診断には多くの経験や技術が必要でとても困難であること、何より気持ちがないとできないことだと思います。そんな困難に立ち向かい、わかりにくい小さな病変に向き合って、たくさんの人を救ってこられた田澤先生に頭が下がります。
どうかQ&Aをご覧の皆様、経過観察はやめて、確定診断をしてくれる医療機関で生検を。確実な診断をもらってください。良性とわかれば安心なのです。自分のために、家族のために。悲しい思いをする人が今後でませんよう、心より願っています。

<Q&A結果>





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。