Site Overlay

癌になる理由

[管理番号:1303] 性別:女性
年齢:45歳
なぜ癌になるのでしょうか。
乳ガン手術から2年たちます。
癌にも色々あり、肺癌はタバコ、肝臓はお酒と言われてます。
乳ガンも出産経験なしや肥満、遺伝などありますが、
最近話題の北斗晶さんは出産されてます。
食の欧米化とも言われてます。
食事、ストレス、本当のところはどうなんでしょうか。
 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。
乳癌の原因ですか?
何故、人は癌になるのか?
以前、NHKで「動物は癌にはならない」という話がでていました。
人は「長生きと引き換えに癌となる」道を選んだのです。
癌は「遺伝子のエラー」でおこります。(乳癌に限らずです)
本来「programed cell death(apoptosis)細胞死」によって調整されている細胞が
「不死化」するプロセスです。
これは細胞が「遺伝子変異」を起こして、「その変異が蓄積」することで獲得するのです。
それで「癌は老人病」と呼ばれます。
「遺伝子変異の蓄積」には「膨大な時間」がかかるのです。 長生きすれば「そのよ
うな変異の蓄積」から体内の細胞のどれかは「癌化」するのです。

回答

「食の欧米化とも言われてます」
⇒乳癌にかんしては「体格の向上」⇒「初経の低年齢化=エストロゲンに曝されてい
る時間の長期化」⇒「エストロゲンの長期暴露による乳癌の発生」へと繋がっていき
ます。
 とにかく、乳癌の原因に関して大事なことは「エストロゲンへの暴露」なのです。
妊娠・出産・授乳は「それまで長期間続いていたエストロゲン高値状態」を一度低下
させることで、リスク低下に繋がると理解されています。
つまり、
「晩婚、少子化」は「エストロゲン暴露の長期化」=「乳癌リスクの増大」なのです。
★結局全てが『エストロゲンの暴露』に繋がるのです。
乳癌の発生は第1ピーク「閉経前後40代後半から50代までのピーク」と第2ピーク「70
代~80代のピーク」の2つに分けて考えなくてはなりません。
第1ピークは「エストロゲン暴露」の長期化で説明がつきます。
・食事の欧米化⇒体格の向上⇒初経年齢の低年齢化⇒エストロゲン暴露の長期間化
・晩婚少子化⇒「出産・授乳によるエストロゲン低下」が起こらない
第2ピークは単純に「長生き」⇒「遺伝子のエラーの蓄積」⇒「癌化」なのです。

質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
1+
江戸川病院 東京都江戸川区東小岩2-24-18 電話03-3673-1221
Copyright © 2020 乳がんプラザ. All Rights Reserved.
Scroll Up