乳がんは早期発見、早期治療を目指しましょう。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ



[管理番号:1910]
性別:女性
年齢:44歳
 
 

質問者様の別の質問

質問が新たな内容のため、別の管理番号としました。
質問者様の別の質問は下記をクリックしてください。
管理番号:1857「米粒大のしこりのようなものに触れたり触れなかったり…

 
 
先日ご回答いただきまし管理番号1857の者です。
大きな悩みを抱える方が多い中、私のような小さな悩みに(私の中では大きいですが)真摯にお答え頂き、本当にありがとうございました。
いよいよ明日検診ですが、少し気が楽になりました。
勇気をもって診察を受けてきたいと思います。
先生のような、真剣に向き合ってくださる先生のいる病院が近くにあればよいのになあと心から思います。
 
ところで、追加質問させていただきたいのですが。
ベストセラー本にもなった、近○○医師の癌放置療法について、先生はどうお考えですか?
とても興味を持って本を購入し、「癌は触るから暴れだし、悪性であればすでに転移をしているので放っておく方がいい」とか、「検診で見つかる癌は癌もどきで、治療をしなくても進行しない」というような内容でした。
検診なんてやめなさいとのことで、私はその考えにとても共感し、自己検診で異常がない限りは検査を受けるのをやめようと思い、最後の検診から3年が経ちました。
ところが、近○医師に反発する医者も多いようで、素人としてはどちらを信じたらよいのか分からず、今回は3年経っていることもあり芸能人の影響もあり、検診を受けることにしました。近○医師の言っていることはどこまで信用できますか?
それから、最近ニュースで見ましたが、乳癌の過剰診断が問題になっており、検査器機の精度が上がったことから治療しなくても良いような小さな異変まで見つけ、必要のない治療をされる問題が増えているとのこと。
仮に癌だったとしても、一生症状が出ないものもあるとのことで、スイスだかどこだかの国では乳癌検診を廃止する方向にあるとのニュースでした。
日本でも過剰診断はあるようで、乳癌検診というものをちょっと考えさせられます。
そのあたりの先生のお考えをお聞かせいただけたら幸いです。
お時間がありましたらで構いません。よろしくお願い致します。
 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。
全てのQに対して回答することを「是」としているので「今回も回答」しますが、「近○○医師の癌放置療法」については『全く関心ありません』
「近○○医師の言動は癌治療に日夜献身している全ての医療関係者に対する冒涜」と言えます。
私は「癌を放置して」2~3年後に「末期状態となり」戻ってくる患者さんを(残念ながら)多数みてきています。
 
○その意味では「犯罪」だと思います。
私は「この件に関しては全く興味がない」ので、この手のことについての質問はしないようにしてください。
お願いします。





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。