乳がんは早期発見、早期治療を目指しましょう。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ



[管理番号:7375]
性別:女性
年齢:50歳
病名:左乳癌
症状:乳房痛あり

細胞診の結果class5、5月(上旬)日にかかりつけの乳腺専門医クリニックにて、左乳房悪性診断を受けました。
翌日大学病院を受診、手術前検
査、診察(担当医エコーあり、触診なし)、(下旬)日MRI、今後6月(上旬)日CT,CT,エコー、7月(下旬)日手術の予定です。

昨年度3月の人間ドックでのマンモで、左右非対称陰影(左)にて要精査、かかりつけのクリニックで、マンモ、エコーを受け、このくらいの違違いは問題なし、前年度と変わりがない(線維腺腫が左右にあり経過観察が終了した所でした)、今年度のドックで、左集簇性微小石灰化にて要精査、今回要精査、今回の診断になりました。
エコーと細胞診の際画像を見ていましたが、しっかりと腫瘤のようなものが映っており、クリニックの医師はこのはこの程度だとおそらく早期だろうと言ってました。
しこりですか?と聞聞いたところ、しこりではない。
とのことでした。
翌日受診した大学病院で詳しい説明があると思い、クリニックでの質問は控えていましたが、受診した病院では検査と手術の説明が一方的にあったのみで、現状がどういうがどういう状況なのか私自身把握できておりません。

(下旬)日にMRIの結果説明とおそらく組織診をすると思います。
遠方ですが、出来れば1度田澤先生に診ていただき、ご意見を伺いたいと思っております。
どのタイミングで受診すればよいでしょうか?全て検査結果が
が出揃ってからが良いでしょうか?もし、手術をお願いする場合、今からだといつ頃になりますでしょうか?
この1年でまた痩せたのと、3月には所見があり、検査の予約がなかなか取れず手術まで5ケ月近く要してしまい、進行具合が気になります。

既往歴:咳喘息、肝腎のう胞、腎結石、子宮筋腫あり

お忙しいところ恐縮ですが、よろしくお願いいたします。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

★石灰化病変はおおよそ、以下のような段階で推移します。

段階1.(マンモでは)石灰化所見だが、エコーではターゲットがない
 →この段階は(マンモでの)石灰化のみの所見だから、(その石灰化をターゲットして)ST-MMTで診断がつきます。

段階2.(マンモでは)石灰化所見のみ、エコーでターゲットが見える(腫瘤というより、石灰化を伴う乳管拡張など)
 →この段階では(エコーで所見がある:位置的に石灰化と同部位と推定できれば)ので、そこをターゲットとして細胞診なり組織診ができます。

段階3.(マンモでは)石灰化所見のみだが、エコーでは「しこり」としてはっきりと認識できる。
 →これは、(当然)エコー下に組織診で診断

段階4.(マンモでは)石灰化を伴うシコリとして認識、(当然)エコーでも「しこり」として認識できる。

「昨年度3月の人間ドックでのマンモで、左右非対称陰影(左)にて要精査、かかりつけのクリニックで、マンモ、エコーを受け」
「今年度のドックで、左集簇性微小石灰化にて要精査」「しっかりと腫瘤のようなもの」

→上記に当てはめると…

 質問者は、段階2>段階3のようです。
 大雑把に言えば、印象としては
 段階1 ≒非浸潤癌
 段階2 非浸潤癌>浸潤癌
 段階3 浸潤癌 >非浸潤癌
 段階4 ≒浸潤癌

 担当医の「しこりではない」というコメントを信じれば「非浸潤癌の可能性も十分にある」というポジションだと推測できます。(いずれ、浸潤癌だとしても「早期」と考えるのが自然)

「クリニックの医師はこのはこの程度だとおそらく早期だろう」
→上記コメント通り。

「どのタイミングで受診すればよいでしょうか?」
→全て検査結果がが出揃ってから」である必要はありません。

 Key pointは2つ
 ①(非浸潤癌なのか浸潤癌なのかは別として)癌と言う診断がついていること
 ②(画像上の)拡がり診断がついていること

 すでに細胞診で癌という診断がついている(細胞診の偽陽性は1%ありますが、画像所見を伴っていれば問題ありません)ので①はクリアーしています。
 ②についてはMRIを予定しているようなので、回答としては「MRIの結果が出たら」となります。

「手術をお願いする場合、今からだといつ頃になりますでしょうか?」
→今は「1か月」内が可能です。

「この1年でまた痩せた」
→癌とは無関係
 ご安心を。

「検査の予約がなかなか取れず手術まで5ケ月近く要してしまい」
→これは残念なことでしたが…

「進行具合が気になります。」
→上記コメントのように…
 十分早期なので、その心配はありません。
 「急ぐ」ことよりも「きちんと」治療をすることが重要です。

 
 


 

質問者様から 【結果2 】

先日はありがとうございました。
性別:女性
年齢:50歳
病名:左乳癌
田澤先生の診察:[診察あり]
田澤先生の手術:[手術なし]

先日は予約外の診察にも関わらず、丁寧に診察、ご説明くださりありがとうございました。腫瘤が、自分が思っていた以上の大きさで困惑しましたが、何より現状が把握できたことで精神的に落ち着くことが出来ました。翌日、大学病院でのMRIの結果でも、2センチ弱とのことでした。手術日は当初の予定通り7月下旬に変更はないそうで、転院の手続きをお願いしたいと思います。手術申し込みメールを送らせて頂きましたので、どうぞよろしくお願いいたします。

主治医の診察の違いで、こんなにも精神的安堵感が得られることは、自身の身体に必ず良い影響をもたらすと思っております。思い切って受診して本当に良かったです。ありがとうございました。

<Q&A結果>





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。