Site Overlay

炎症性乳がんと診断され治療中です

[管理番号:4515]
性別:女性
年齢:34歳
 
初めまして、よろしくお願い致します。
炎症性乳がんと診断され、FEC療法2回目を終え、主治医には、腫れはひいたと言われました。
最低15年は生きられるでしょうか?
せめて5歳の一人娘が成人するまでは、なんとしても生きていたいです。
 
遠隔転移なし。
リンパ節に3つ転移あり。
ER TS2=PS1+IS1
PgR TS0
HER2 3+
 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。
 
「炎症性乳がんと診断され」とありますが、本当に「炎症性乳癌なのかどうか」私は診察していないので怪しいものです
♯皮膚が赤いだけで(本当は炎症性乳癌ではないのに)誤った診断をする乳腺外科医も多いからです。
○ここでは本当に「炎症性乳癌」だと仮定したとして
「HER2 3+」なのにFECを先行させたことは疑問がありますが…(通常はハーセプチンを含めた治療が第1選択:trastuzumab+pertuzumab+docetaxelなど)
結果的にFEC2回で「腫れが引いた」となると十分に根治性があります。
 
 このままFECを2回行い、trastuzumab + pertuzumab + docetaxel を4クール位行うとcCR(画像上の完全寛解)も狙えるかもしれません。
 
★ただ重要なのは、完全寛解となっても「必ず手術すること」です。
 そこで「それ以外の治療(手術せずに経過を見る/免疫療法などの代替療法など)
を選択」した場合には必ず後悔します。
 
「最低15年は生きられるでしょうか?」
⇒根治を狙いましょう。
 Key pointは「化学療法のマネージメント」です。
 FECが効いているのは幸いですが、(効果が落ちないうちに)trastuzumabへ上手に以降してください。
 
 

 

質問者様から 【質問2】

炎症性乳がんと診断され治療中です
性別:女性
年齢:34歳
 
先日は、お忙しい中アドバイスいただきありがとうございました。
お蔭様で治療が順調に進み、手術できました。
術前化学療法の結果はグレード3でした。
FEC4回HPD4回やりました。
FEC4回後
のCTでは、がんは確認できない位になっていました。
IS=2ではホルモン療法はしなくて大丈夫ですか?
術前パージェタもやってましたが、術後はハーセプチン単独で大丈夫ですか?
治療が効いても再発は免れないものですか?アドバイスお願い致します。
 

田澤先生から 【回答2】

こんにちは。田澤です。
 
完全寛解ですね。
素晴らしい!
きちんと手術して「術後ハーセプチン単独」ですね。
正しい治療と言えるでしょう。
 
「IS=2ではホルモン療法はしなくて大丈夫ですか?」
⇒そう思います。
 
「術前パージェタもやってましたが、術後はハーセプチン単独で大丈夫ですか?」
⇒誰にも解らないことですが…
 永遠に抗癌剤はできないのです。
 ハーセプチン単独で(ここは)いいと思います。

「治療が効いても再発は免れないものですか?」

⇒そんなことはありません。
 そのために「ハーセプチンを行う」のです。

 
 

 

質問者様から 【質問3 】

脳転移の化学療法について
性別:女性
年齢:37歳
病名:炎症性乳癌 脳転移
症状:

こんにちは。
術後1年10ヶ月で脳転移しました。
4センチ単発でしたので、手術+ガンマナイフで治療しました。
その後タイケルブゼローダを3クールまで服用しています。

 この薬はいつまで続けるのがよいでしょうか?また他に効果が期待できる薬はありますでしょうか?
首から下、脳は今のところ画像上、腫瘍はない状態です。

アドバイスお願い致します。

 

田澤先生から 【回答3】

こんにちは。田澤です。

「この薬はいつまで続けるのがよいでしょうか?また他に効果が期待できる薬はありますでしょうか?」
→特に期限はありません。
 現段階では、この薬剤の継続がいいでしょう。(証明されているのは、これしかありません)

質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
0
江戸川病院 東京都江戸川区東小岩2-24-18 電話03-3673-1221
Copyright © 2020 乳がんプラザ. All Rights Reserved.
Scroll Up