Site Overlay

低エコー腫瘤とマンモトーム生検瘢痕について

[管理番号:6932]
性別:女性
年齢:39歳
病名:
症状:

以前こちらで質問をさせて頂き、昨年10月に左胸をマンモトーム生検して頂きました。

(ID:39〇〇〇3 乳腺線維腺腫)
その節は大変お世話になり、ありがとうざいました。

今年10月、職場で健診があり判定が「低エコー腫瘤 要精密検査」とありました。

その判定が左胸か右胸か記載されていないので不明ですが、左胸とした場合、
低エコー腫瘤と生検の痕は別物として判定されているのでしょうか?
生検の痕が低エコー腫瘤として判定されることはあり得ますか?

ご相談なのですが、田澤先生に健診時の画像を見て頂くことはできますか?
(画像を依頼中です。)市川の方で予約を入れてもよろしいでしょうか?

お忙しいところ、大変恐れ入りますが宜しくお願い致します。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

「生検の痕が低エコー腫瘤として判定されることはあり得ますか?」
→十分ありえます。

「ご相談なのですが、田澤先生に健診時の画像を見て頂くことはできますか?(画像を依頼中です。)市川の方で予約を入れてもよろしいでしょうか?」
→無論、可能です。

質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
0
江戸川病院 東京都江戸川区東小岩2-24-18 電話03-3673-1221
Copyright © 2020 乳がんプラザ. All Rights Reserved.
Scroll Up