Site Overlay

構築の乱れ

[管理番号:8500]
性別:女性
年齢:51歳
病名:
症状:なし
投稿日:2020年5月7日

健康診断マンモグラフィー
構築の乱れによる陰影有りでカテゴリー4の診断を受けました。

この時受けたエコー検査では何も異常なしでした。

カテゴリー4でエコーに異常がないということがあるのでしょうか?
今度の検査は組織検査なのでしょうか?

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

Distortion(構築の乱れ)は、カテゴリー4がつきやすいですが、同じカテゴリーでも「腫瘤4」や「石灰化4」と比較すると圧倒的に癌の確率が低い
立体的な乳腺を平面に押しつぶして撮影するわけだから、その機械的な「捻じれ」で(実際には、何もなくても)「distortionとして見える」ことは、乳腺外科医なら誰しも経験することです。
 無論「本物(癌が原因で引き攣れている)」もあるわけだから、検診でチェックされるべきものだけど、偽陽性も多いことは頭においておきましょう。

「カテゴリー4でエコーに異常がないということがあるのでしょうか?」
⇒上記通り…
 乳腺外科医なら、必ず何度となく経験しています。

「今度の検査は組織検査なのでしょうか?」
⇒超音波で所見がないのに、どこに針を刺すのか?(通常、針生検は超音波での所見をターゲットとするのです)

 (石灰化の時のように)マンモグラフィーの所見をガイドとしてST-MMTで狙う事は可能ですが、普通は行いません(通常、ピンポイントにターゲットを設定できないため)

 ★このケースの場合(私なら)MRIを撮影します。
  無論、この場合のMRIはあくまでも「存在診断(病変が本当にあるのか?)目的」となります。

  MMGでdistortion4であっても、エコーで所見無、更に(念のために)MRIを撮影しても所見無ならば、それは「白」と断定できるのです。



質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
11+
Scroll Up