乳がんは早期発見、早期治療を目指しましょう。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ



[管理番号:7810]
性別:女性
年齢:47歳
病名:浸潤性乳管がん(硬がん・HER2タイプ)
症状:

東北の病院で8月に手術したばかりです。

実母を乳がんで亡くしており、2年ごと受けてきた検診でひっかかり、CNBの
結果、術前はコメド壊死伴うDCISの診断でした。

術前:触診で硬結あり、US:左CDに1.7cmの腫瘤、MMG、FAD・Calc,
CTでは左Cに1.5cm、N1否定できず、MRIでは、乳頭方向に49㎜の広がりとありました。
ER- PR- HER2(3+)
全摘か温存か迷い、温存とSNを選択しました。

術後病理結果はアップステージし下記でした。
病理の見方がよくわからないし、しかも悪性が高いと言われショックで、子供も小学生なので、生命予後が心配でなりません。

コメド壊死伴う乳管内がんが主体だが小型で不規則な索状胞巣を形成しながら浸潤性に増殖する像が観察される。
腺腔形成ほとんど見られず繊維性の間質の増生を伴う。
浸潤性乳管がん、硬性型と診断。
背景の乳腺組織には一部上皮の
増殖性変化あり。

最大浸潤径3×3㎜、非浸潤がんを合わせた腫瘍径20㎜程度、NG3(核異形
度3、核分裂2)HG3(核異形度3、核分裂2、線管形成3)Ly0、V0,EI-、波及度gとの事。
断端は切片17(おそらく最後の切片)に乳管病変があり、
外側方向について断端陽性の可能性は否定できない。
(執刀医は取り切れていると思うとは言っていましたが)リンパ節転移なし(0/1)

術後は、放射線30回とその後、抗がん剤とハーセプチン治療を提案いただいています。

1、断端陰性とは言えない中、背景の乳腺組織が一部上皮に増殖性変化あり、
MRIでの広がりとの所見があることから、再度手術し全摘をすることはありえないのでしょうか。
リンパ節は1つしかとらなかったのですが、他は大丈夫か心配です。

2、浸潤径は3㎜、腫瘍径2cm、広がりは49㎜どれががんのおおきさなのでしょうか。

3、抗がん剤とハーセプチンは一度やったら再発した時に効かなくなることはありますか?今この治療をすべきなのか迷います。

再発転移しやすく、予後が悪いとの情報が多く不安ですが、生命予後を優先した選択をできればと思っています。

できれば田澤先生の診察予約をしたいと考えています。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

「1、断端陰性とは言えない中、背景の乳腺組織が一部上皮に増殖性変化あり、MRIでの広がりとの所見があることから、再度手術し全摘をすることはありえないのでしょうか。」
⇒温存乳房内再発のリスク因子として、その選択肢はあります。

「リンパ節は1つしかとらなかったのですが、他は大丈夫か心配です。」
⇒そんなことを心配するようでは…

 センチネルリンパ節生検は成り立ちません。(そこを疑う(心配する)根拠がありません)

「2、浸潤径は3㎜、腫瘍径2cm、広がりは49㎜どれががんのおおきさなのでしょうか。」
⇒3mmです。
 だから(抗HER2療法を含めた)抗がん剤の適応はありません。

「3、抗がん剤とハーセプチンは一度やったら再発した時に効かなくなることはありますか?今この治療をすべきなのか迷います。」
⇒浸潤径3mmなのだから…

 当然、無治療(温存だから放射線は必要ですが)です。
 抗がん剤の適応はありません。(当院なら「患者さんが希望しても」行いません)

「再発転移しやすく、予後が悪いとの情報が多く不安」
⇒全くナンセンス!

 3mmの浸潤癌なのだから、遠隔転移再発を心配する必要はありません。

 ただ乳腺内だけをいえば、コメド壊死を伴う非浸潤癌は「温存乳房内再発高リスク」となり、「(非浸潤癌によ)乳房内再発⇒非浸潤癌から浸潤癌⇒」というリスクだけが心配です。
 質問者のケースでは局所療法が重要となりそうです。





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。