Site Overlay

標準治療とは?

[管理番号:3833]
性別:女性
年齢:38歳
私は、ルミナルAなのですが術前化学療法を受けました。
ですが、田澤先生のQ&Aを見て疑問を感じました。
セカンドオピニオンを受け、そこでも術前化学療法を勧められました。
全国どこの病院で治療を受けても、ガイドラインが決まっているので同じ治療法だと
説明を受けていたので、自分の治療法は間違いないものだと思っていました。
できれば、温存を希望していましたが 絶対に温存したいと言ったわけではありません。
なぜ、このようにガイドラインが決まっていても術前化学療法を勧められるのでしょうか?
現在、化学療法閉経でタモキシフェンのみ服用しています。
生理が来たら、薬で生理を止めると言われました。
この治療法で大丈夫なのか不安です。
よろしくお願いします。
 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。
「なぜ、このようにガイドラインが決まっていても術前化学療法を勧められるのでしょうか?」
⇒術前化学療法の絶対的適応は「小さくして温存」です。
 ただし「術前化学療法の味をしめて、拡大解釈」している乳腺外科医が多いのが実情です。(嘆かわしいことですが…)
 以下の2つの原因があるでしょう。
 ①腋窩郭清の手技を「まともに」できる医師が少なくなった。
   外科医側で「なるべく簡単に手術をしたい」と考え始めている
 ②腫瘍内科医など、「抗ガン剤を専門」にしている者が、「化学療法に偏った」考え方をしているので、それに流されている。
「現在、化学療法閉経でタモキシフェンのみ服用しています。生理が来たら、薬で生理を止めると言われました。」「この治療法で大丈夫なのか不安」
⇒それは正しい方法です。



質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
0
Scroll Up