Site Overlay

治療について

[管理番号:3523]
性別:女性
年齢:50歳
こんにちは
よろしくお願いします。
8月初めに乳ガン右の温存手術をうけました。
乳頭に近く3.5センチあるため乳頭も切除しました。
リンパ節には転移はありませんでした。
退院してしばらくして検査結果を聞きに行きました。
体の中にまだがんは残っているけど再手術はしなくて大丈夫ですと言われましたが、ぜひ抗がん剤を受けて下さいと言われました。
9月始じめから始める予定ですが副作用が怖くて仕方ありません。
体に残っているがんを殺す為に必要な治療だと言う事なのでしょうか?
たちの悪いタイプのがんだと言われたのでそのためにするのでしょうか?
ホルモン剤は効くタイプだと言われてました。
抗がん剤と放射線とホルモン剤をする予定ですが
こちらのサイトを読ませて頂いてるとみなさん詳しい結果をわかってらっしゃるみたいですが
私はステージやグレードなどと言った細かい内容は一切説明がありませんでした。
悪い内容のため説明がないのかと不安です。
今の所は手術前と何も変わらず元気ですが抗がん剤をしたらどんどん衰弱してしまうのではいかと不安でいっぱいです。
細かな内容がないので状況がわからないのですがわかる範囲で回答頂けましたらよろしくお願いします。
ガンとは関係ありませんが現在うつ病で20年治療中です。
 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。
「体の中にまだがんは残っているけど再手術はしなくて大丈夫ですと言われました」
⇒断端陽性ということなのでしょうか?
 本当に「再手術をしなくていいのか」きちんとした説明がなされるべきです。
「ぜひ抗がん剤を受けて下さいと言われました。」
⇒何故、必要なのか「納得してから」行うべきです。
「体に残っているがんを殺す為に必要な治療だと言う事なのでしょうか?」
⇒本来、断端陽性で「残っている」のであれば「局所は局所療法で治療すべき」です。
「たちの悪いタイプのがんだと言われた」
⇒こういう言い方をする医師にコメントするのは不本意です。
「ホルモン剤は効くタイプだと言われてました。」
⇒それであれば、(尚の事)「本当に、化学療法が必要なのか?」納得いく説明がなされるべきです。
「悪い内容のため説明がないのかと不安です。」
⇒きちんと説明を受けて、納得がいく場合に化学療法を行うべき」です。

質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
0
江戸川病院 東京都江戸川区東小岩2-24-18 電話03-3673-1221
Copyright © 2020 乳がんプラザ. All Rights Reserved.
Scroll Up