Site Overlay

今後の治療について

[管理番号:3487]
性別:女性
年齢:35歳
初めまして。
今後の治療についてご相談させて下さい。
今年の6月に初期乳癌の手術を受け、部分摘出手術をしました。
病理結果は、ステージ1、Her2タンパク質3
+、ki値50、エストロゲン・プロゲステロン感受性ともに30-40%でした。
センチネルリンパ節生検の結果、リンパ節転移はありませんでした。
現在は22回の放射線治療が終わり、9月より化学療法を行う予定です。
流れとしては、
ドセタキセル+ハーセプチンを3週ごとに1回で4クール行い、その後2月いっぱいまではハーセプチン単剤、その後FECという流れを希望しています。
このような順番を希望している理由は来年2月末に国家試験の受験を控えているためです。
このような病気にはなってしまいましたが、ずっと勉強をしてきたため出来るだけ勉強をし、試験に臨みたいのです。
このような流れを希望しているのですが、治療効果は変わらないでしょうか?
もし大きく変わるようであれば、通常の流れで進めていくことも考えています。
また、私は5年ほど前から本態性高血圧により血圧が高めであること、疲れやストレスを感じるときに頻脈気味(102から113)になる傾向があり、
化学療法に耐えられるかどうか気になっています。
いつも主人と一緒に先生や他の皆様のやり取りを見て参考にさせていただいています。
どうぞよろしくお願い致します。
 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。
1期のluminalB(HER2陽性)であれば、非アンスラサイクリンレジメンでいいと思います。
○非アンスラサイクリンレジメン
①wPTX+HER 「最初の3カ月」(毎週パクリタキセル+ハーセプチン)⇒「残りの9カ月」(3週間に1回のハーセプチン)
②TC+HER   「最初の3カ月」(3週間に1回のドセタキセル+エンドキサン+ハーセプチン)⇒「残りの9カ月」(3週間に1回のハーセプチン)
③TCH    「最初の4.5カ月」(3週間に1回のドセタキセル+カルボプラチン+ハーセプチン)⇒「残りの7.5カ月」(3週間に1回のハーセプチン)
質問者はスタンダード(アンスラサイクリンレジメン)
④アンスラサイクリン(3カ月)⇒ドセタキセル+ハーセプチン(3カ月)⇒ハーセプチン単剤(9カ月)の順番を変えて「アンスラサイクリンを最後に回す」わけですよね?
「治療効果は変わらないでしょうか?」
⇒変わらないと思います。
 
「化学療法に耐えられるかどうか気になっています」
⇒それであれば、アンスラサイクリンレジメンではなく、「非アンスラサイクリンレジメン(上記①~③)」とするといいと思います。
 ①であれば、殆ど副作用を感じることなく過ごせます。(試験の際にはハーセプチン単剤となっていますし)
 早期乳癌では治療効果は殆ど変わらないのです。

質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
0
江戸川病院 東京都江戸川区東小岩2-24-18 電話03-3673-1221
Copyright © 2020 乳がんプラザ. All Rights Reserved.
Scroll Up