乳がんは早期発見、早期治療を目指しましょう。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ



[管理番号:7807]
性別:女性
年齢:36歳
病名:浸潤性乳管癌
症状:CEAの数値

はじめまして。

よろしくお願いいたします。

今年1月に温存手術+センチネルリンパ節生検をしました。

術前の検査はPET CT と乳腺MRIを撮りました。

病理結果は
硬癌 ステージ1
ルミナールB
センチネルリンパ節 転移なし 0/2
浸潤計1cm
ER 5+1=6
pgr 5+1=6
HER2 陰性
ki67 15%~30%
グレード2
ly 1
v 0

オンコタイプは受けず、
3月から抗がん剤治療 TC×4
その後、放射線治療
現在、ホルモン療法
(リュープリン+タモキシフェン)中です。

ここで、質問です。

CEAはあまり変動しないというのを目にしました。

術前
CEAが1.3
CA15-3が10.9 でした。

抗がん剤治療中は
CEAが2.1→1.4
CA15-3が22.9→26.3
放射線治療を終えて2ヶ月…
今回
CEAが5.2
CA15-3が14.0でした。

CEAが基準値オーバーだったため主治医から2、3ヶ月後に採血しに来てくださいと言われました。

抗がん剤治療終えて、4ヶ月で
もう再発したのかも…と、不安です。

抗がん剤治療中にCA15-3が変動することがあると、こちらで見ましたが、

放射線治療でCEAが一時的に
上がることはありますか?

腫瘍マーカーで一喜一憂しないことが
大事だとわかってはいますが、
数字で結果が出るので毎回気にしてしまいます。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

CEA 5.2は(もともと高い人や、喫煙者であれば心配ない値ですが)非喫煙者や(質問者のように)もともと2.1や1.4だった場合には、気になる数値です。

質問者自身が最近喫煙を始めた(それは、なさそうですが)もしくは身近な人に喫煙者が増えた(時代背景からも、無さそうですが)のでなければ、非常に気になります。
腫瘍マーカー再検(2,3か月)は正しい判断だとは思いますが、早めにPET撮影するのも一案です。

「放射線治療でCEAが一時的に上がることはありますか?」
⇒私の記憶にはありません。





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。