Site Overlay

CEAの値の推移と再発転移について

[管理番号:5993]
性別:女性
年齢:57歳
いつも参考にさせていただいております。
お忙しいかと存じますがお答えいただければ幸いです。
2013年6月に当時53歳の母が乳がんと診断されました。
ステージ3a 腫瘍は5.5cm リンパ節転移あり Her2プラス ホルモン受容体あり。
術前抗がん剤を8クール行い2014年2月半ばに左胸全摘手術をしました。
5.5cmが4mmまで小さくなっていたとのことです。
ハーセプチンのみの点滴を終えて現在はホルモン治療をしています。
その後半年に一度血液検査とCT、マンモの検査をしながら経過観察中です。
以下質問です。
よろしくお願いします。
術後の血液検査ではCEA5.2。
その後の定期検診での血液検査でもCEAが5.5~5.6あたりだったのですが、先日血液検査のみ行った際6.3という数値が出ました。
(ちなみに母は30年間喫煙を続けているのでそのせいかとも考えましたが…)
少し数値が上がっているため念のためマンモ、CTを撮り2月(中旬)日に結果を伺う予定です。
(10月末のCT マンモでは異常なしでした)
この上がり方は転移 再発の可能性は高いのでしょうか。
結果は待つしかないと分かってはいるのですがいてもたってもいられず質問させていただきました。
どうぞよろしくお願いします。
 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。
腫瘍マーカーの「どの程度の動きを問題と考えるのか?」ということには、かなりの経験が必要です。
私から見れば、(このQandAで似たような質問をされる)患者さんも、(その患者さんを心配させる)主治医も「全く無駄な心配をしている」ように思えることが(正直)殆どです。
「術後の血液検査ではCEA5.2。その後の定期検診での血液検査でもCEAが5.5~5.6あたりだったのですが、先日血液検査のみ行った際6.3」
⇒この数値の動きを「意味がある」とは(私には)到底思えません。(無駄な心配をしないようにしましょう)
「ちなみに母は30年間喫煙を続けているのでそのせいかとも考えました」
⇒その通りです。
 (この機会に)身体の為にも禁煙をするきっかけにすることです。

Scroll Up