Site Overlay

カテゴリー4 石灰化

[管理番号:4176]
性別:女性
年齢:35歳
はじめまして。
今年の6月に集簇している石灰化が見つかり、カテゴリー3で経過観察になっていました。
半年後の今月にマンモグラフィーを撮り、形が変わって
いないからまた半年後に見てみましょうと言われたのですが、自分なりに調べた結果、これは集簇じゃなく範囲性のカテゴリー4ではないかと思い、マンモトームをお願いして、○○病院を紹介していただいたのですが、○○病院でもう一度マンモグラフィーを撮ってみた結果、先生がこれは範囲性の石灰化で、乳首に向かって集まっているように見えるから、極めて怪しいですねと言われてしまいました。
私の場合貧乳すぎてマンモトームで石灰化が取れるか分からない。
失敗した場合もう少し経過観察で様子を見るしかないと言われて落ち込んでいます。
先にMRIを撮ってみるのはどうですか?との事で、1月○日にMRI.○○日にマンモトームの予約をして帰りました。
石灰化が取れないと経過観察というのは納得できず、そちらの病院でマンモトームを受けさせて頂く事は可能でしょうか?
もし、別の病院でという事なら紹介状を書いていただけるみたいです。
私としては出来るだけ早く結果を知りたいのでよろしくお願いします。
 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。
「範囲性」ではなくて「区域性」ですね?
「貧乳すぎてマンモトームで石灰化が取れるか分からない。」
⇒「厚み」に関しては「生食で膨らませる」とか「上げ底」を用いるなど工夫ができます。
 マンモグラフィーに写っている限り「採れない石灰化はない」のです。
 ご安心を。
「先にMRIを撮ってみるのはどうですか?」
⇒診断に「MRIなど無意味」です。
 「MRI的免罪符」には注意しましょう。
 ♯『今週のコラム 56回目 超音波で異常所見があるのに、MRIで異常がないから大丈夫。など、とんでもない診療です。』をご参照のこと
「石灰化が取れないと経過観察というのは納得できず、そちらの病院でマンモトームを受けさせて頂く事は可能でしょうか?」
⇒可能です。
 ただし、「ステレオガイド下マンモトーム生検」は非常に混んでいます。
 それをご了承いただければ、案内します。(秘書メールを)

秘書室へメールは、
各ページの右上にある 「秘書室へメール」からご相談ください。
もしくは、こちらのリンクをクリックしてください。

 
 

Scroll Up