乳がんは早期発見、早期治療を目指しましょう。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ



[管理番号:7270]
性別:女性
年齢:54歳
病名:乳がん
症状:

田澤先生、どうかよろしくお願いします。

2010年12月 温存術。

13mmの浸潤がん。
ホルモン強陽性。
ki-67低値。
悪性度2。

リンパ節転移なし。

25回の放射線治療後にノルバデックス服用開始。

胸の張り及び痛みが出てきたため、手術から1年後にゾラデックス開始(4年で終了)。

ノルバデックスの副作用による脂肪肝が増悪したため、服用から5年半で休薬し、3ヵ月後にアリミデックス開始。

ノルバデックスを止めて1年後のCTにより脂肪肝の状態がかなり治まった事を確認できましたが、まだ少し症状はあるとの事で現在に至ります。

脂肪肝の症状が出始めた3年前辺りから、ca15-3 の数値がじわじわと上昇し始めました。

当初の5年は4.7~6.4内を常に上下していましたが、
3年前より6.8→7.0→7.7→8.7→8.8→8.2→9.5→9.8と上がっています。

主治医は「基準値内なので大丈夫」とおっしゃっていますが再発の可能性はあるでしょうか?
看護師さんとお話したところ「このような上がり方で再発する方います」との事でしたが、それ以外の事由で上昇することもあるそうで、調べたところ肝炎や加齢も起因するとのこと。

脂肪肝の状態は良くなっているのに数値は上昇していますが、何か関係あるのでしょうか? 加齢が原因であれば安心なのですが…。

3ヵ月前(マーカー値9.5)のCTでは明らかな転移はみられませんでしたが
3ヶ月後の今月、9.8でした。

転移再発については、CT等で確認されてからの治療になると理解していますが、不安で先生のご意見を賜りたく質問させていただきました。

よろしくお願いいたします。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

「主治医は「基準値内なので大丈夫」とおっしゃっていますが再発の可能性はあるでしょうか?」
→ありません。
 主治医と全く同意見です。

 値の変化には「薬剤性の脂肪肝」が影響しているかもしれません。





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。