Site Overlay

母乳に含まれるがん細胞

[管理番号:8094]
性別:女性
年齢:32歳
病名:
症状:

2年前に非浸潤性乳管がんで全摘しました。

その後、半年後の定期検診のみで、無治療です。

最近仙骨やら肋骨が痛く、骨転移?と心配です。

非浸潤性の場合は転移はしないとされていますが、授乳中に見つかったものだったのでそこが気がかりです。

授乳中に見つかった乳がんは予後が悪いと…

こどもが飲まなかった母乳は血液に戻ると聞きました。

それなら非浸潤性でもがん細胞は体中に散らばっていると考えられますか?

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

分泌に関しては、余計な心配をする方が多いので説明に四苦八苦している次第です。

「『Q&A 8090 ブラジャーに黄色いしみがついていた』を見ての話しでしょうか?
この方は(絞ることなく)「下着に沁みがあること」だけで悩んでいるようだったので、『まずは絞って、本当に分泌なのか?』確認することが必要だとお話ししたのです。

〇実際に絞ってみて「絞っても出ない」もしくは「絞って出る状態が数日続くが、また出なくなる」ことを確認したら、(その時点で)安心して「絞るのは、もう止めましょう」ということです。

★最初から「絞るのはいけません」と言っているのではなく、「継続性が無いことが解ったら、(その時には)もう無理やり絞るのは止めましょう」と言っているのです。 

江戸川病院 東京都江戸川区東小岩2-24-18 電話03-3673-1221
Copyright © 2020 乳がんプラザ. All Rights Reserved.
Scroll Up