Site Overlay

アリミデックスの副作用

[管理番号:8687]
性別:女性
年齢:65歳
病名:乳がん
症状:デリケートゾーンの異常
投稿日:2020年6月26日

いつも拝見させていただいております。
気になっていることが2点あります。

① わたしは、2017年6月末に乳がん部分切除の手術をしました。
ステージ1、腫瘍径2センチ、リンパ節転移なしで、放射線治療をして、2017年10月からアリミデックスを服用してきました。
特に副作用もなく過ごしてきたのですが、今年6月になってからデリケートゾーンがヒリヒリする感じがしまして、婦人科を受診しました。
膀胱炎でした。
薬をのんで1週間で症状はなくなりました。
カンジダの検査もしましたが、違いました。
それから、2・3日してまたヒリヒリする感じが4日続いています。

婦人科のお医者さんは「アリミデックスで膣が乾燥するから我慢するしかない」とのことで、フェナゾールクリームを処方してくれました。
そのクリームをぬったらしばらくするとヒリヒリ感は改善されますが、このままクリームを塗って様子をみていてもよいものでしょうか?それとも乳腺外科の主治医を受診するほうがよいでしょうか?迷っています。

② また、アリミデックスを始めるときに、骨密度を測り骨粗しょう症と診断され週1回リセドロン酸Na17.5ミリグラムと毎日ビタミンD錠を服用しています。
5月に測定すると、腰が79%から70%に落ちていました。
大腿骨は68%で変化なしでした。
骨密度が下がると骨転移のリスクが上がるのでしょうか?ずっと前から腰痛はあったのですが、このごろギックリ腰のような症状がたびたび起きています。
骨シンチの検査をしたほうがよいのでしょうか?悩んでいます。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

「このままクリームを塗って様子をみていてもよいものでしょうか?」
⇒それで対処できるなら、乳腺外科を受診しても無意味です。

「主治医を受診するほうがよいでしょうか?」
⇒我慢できない(=休薬したい)場合には受診が必要ですが、「クリームで対処(我慢)できます」と言うために受診するのは不要です。

「5月に測定すると、腰が79%から70%に落ちていました。」
⇒denosumabの皮下注に変更すべきでは?(一度、主治医とご相談を)

「骨密度が下がると骨転移のリスクが上がるのでしょうか?」
⇒違います。
 骨折のリスクが上がるのです。

「このごろギックリ腰のような症状がたびたび起きています。骨シンチの検査をしたほうがよいのでしょうか?」
⇒その前に…

 腰痛なら「普通に」整形外科を受診しましょう。

質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
20+
江戸川病院 東京都江戸川区東小岩2-24-18 電話03-3673-1221
Copyright © 2020 乳がんプラザ. All Rights Reserved.
Scroll Up