乳がんは早期発見、早期治療で治せる癌です。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ

[管理番号:2700]
性別:女性
年齢:66歳
母が術前に非浸潤がんと診断され、左乳房を全摘出したものです。
先日、病理検査の結果が出て、浸潤部分が1mmありアポクリン癌でした。
リンパ節転移なし
ホルモン(-)
HER2 (-)
Ki67 5%
のトリプルネガティブと言われましたが、術後の治療はしなくてよいと言われました。
浸潤部分がありトリプルネガティブでも今後治療はしなくてもいいのでしょうか。
また浸潤部分が1mmの場合でも非浸潤がん(ステージ0)とみなすのでしょうか。
よろしくお願いします。
 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。
pT1a(1mm), pN0
これで「乳房全摘」しているのであれば、「ほぼ根治」です。
薬物療法の適応は一切ありません。
 
「浸潤部分がありトリプルネガティブでも今後治療はしなくてもいいのでしょうか。」
⇒治療は全く不要です。
 根治と考えて結構です。
 
「また浸潤部分が1mmの場合でも非浸潤がん(ステージ0)とみなすのでしょうか。」
⇒ステージは1となりますが…
 しかし「根治と限り無く同等」です。
 ご安心を。





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。