乳がんは早期発見、早期治療を目指しましょう。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ

[管理番号:6982]
性別:女性
年齢:42歳
病名:乳癌
症状:

半年前(5月)に乳頭陥没に気づいて病院でマンモとエコーをしましたが「問題なし」と言われて見つけてもらえませんでした。

自己触診と観察を続けて今月始めに、別の病院を受診してすぐ針生検をして右胸乳頭下に1.2cmと1.4cmの浸潤ガン2個の診断がでました。

今は手術をする病院で術前検査(CT、MRI)をしているところです。

針生検(11/9)から2週間後に右アンダーバスのあたりに小豆大のシコリを見つけました。

触ると皮膚が痛いので違うと思いますが…
これもガンという可能性はあるでしょうか?
それと2、3日前に左胸を触っていると乳頭横に硬い所がありました。

12/(上旬)エコーをするときに伝えるのですが、同時に両胸に見つかったという人は今までにいらっしゃいましたか?
また、MRIで乳頭の裏側にも腫瘍が見つかったという人はたくさんいてましたか?
1.2cmの方が乳頭に近いので全摘で同時再建を考えています。

12/(上旬)に手術日と術式の説明を受ける予定になっていますが、それまでの時間が長く不安で落ち着きません。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

両側乳癌の手術は(当院では)かなりあります。
よくあるケースは、対側が(前医で)バネ式針生検で乳腺症→(当院でMMTEにより)「乳癌」というものです。

ご本人が感じているシコリ?が、意味のある物(本物の腫瘍)なのか?は、当然診察(エコー)しない限りコメントできません。

 
 

 

質問者様から 【質問2 術後の治療】

性別:女性
年齢:42歳
病名:乳がん
症状:

先日、質問させていただいて早々に回答もいただき、ありがとうございました。

検査の結果が全部出たので、手術の説明を聞きに一昨日病院へ行って来ました。
MRI結果では腫瘍の大きさが3.8cmでした。
針生検したクリニックでは1.2cmと聞いていたので、3倍の大きさにビックリしました。
乳頭直下(裏側)は想定していましたが、予想を上回る大きさにショックをうけています。
MRIで腫れていたリンパ節(乳房と脇の境目)を細胞診したら陽性だったので腋窩郭清をした方がいいとの説明でしたHER2陰性、増殖低、ホルモン受容体あり

①センチネル生検をせずに腋窩郭清するのは、腫瘍が大きいことが理由だからなんでしょうか。

②「全摘でも放射線治療、HER2陰性でも抗がん剤治療を術後にすることがある」と説明されました。
その場合はどういった病理結果のときなんでしょうか。

 

田澤先生から 【回答2】

こんにちは。田澤です。

「①センチネル生検をせずに腋窩郭清するのは、腫瘍が大きいことが理由だからなんでしょうか」
→違います。

 「リンパ節(乳房と脇の境目)を細胞診したら陽性だった」からです。(リンパ節転移が確認された以上、「センチネルリンパ節生検の適応外」となります)

「②「全摘でも放射線治療」
→リンパ節転移が4個以上あったとき。

「HER2陰性でも抗がん剤治療を術後にすることがある」
→ルミナールBの時(手術標本のKi67が高値)





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。