Site Overlay

脇の下のしこり

[管理番号:418]
性別:女性
年齢:39歳
はじめまして。
1年前に脇の下指の頭くらい(枝豆のつぶ)のこりを発見し、すぐ病院に行き見てもらいました。
検査は、マンモとエコーだけでした。
その時は、良性のしこりで何の問題もないと思う。もし、痛みとかしこりが大きくなるようだったらまた来て。と言われ帰路に着きました。
あれから1年1ヶ月が経ちましたがしこりが倍の大きさになってしまいました。まだ病院へは行ってないのですが指で摘まんだカンジでは6㎝くらいだと思います。
私は葉状腫瘍ではないかと思っているのですが…やはりそうなのでしょうか?
6㎝ってかなり大きいですよね?
大きさは関係ないかもしれませんが悪性の可能 性は大ですよね?
是非、回答をよろしくお願い致します。
 

田澤先生からの回答

 こんにちは。田澤です。
 「脇の下のしこり」とありますが、「しこりのある部位は乳腺なのでしょうか?」

回答

「1年1ヶ月が経ちましたがしこりが倍の大きさになってしまいました」「摘まんだカンジでは6㎝くらい」
⇒ずいぶん大きいです。しかも増殖スピードが速い。これは心配です。
 すぐに「針生検」をするべきです。
 
「葉状腫瘍ではないかと思っているのですが」
⇒「腫瘍の部位が脇の下」となっているので、「本当に脇の下=腋窩の凹み」であれば「転移性リンパ節」の可能性があります。
 勿論、「脇の下とはいっても、脇に近い乳腺」であれば「葉状腫瘍」の可能性が高くなります。
 
「大きさは関係ないかもしれませんが悪性の可能性は大ですよね?」
⇒「腋窩であれば」転移性のリンパ節の可能性が高いですが、
 葉状腫瘍の場合には、「悪性とは限らない(むしろ、境界悪性の方が可能性は高い)」と思います。
◎ただ、乳腺の場合には「乳癌の可能性」もありますので、早めに受診してください。
 
 

 

質問者様から 【質問2 乳ガン】

先月に枝豆の粒くらいのしこりが1年で6㎝くらいになってしまった…というような質問をさせて頂いた者です。
先月の下旬に病院に行き一通りの検査をしましたところ乳ガンでした。
あまり詳しくは分からないですが
境界不明瞭な腫瘍31×40×18㎜
浸潤癌→硬癌
リンパ節に2つの影があるが判別不能
ER→陰性
PR→陰性
HER2→3+
腫瘍は背側大胸筋と密着
T2N1ステージⅡb
と診断されました。
術後はホルモン療法が効かないのでハーセプチンを使って治療する、との事でした。
毎日が不安で不安でよく眠れません。
進行型の癌と言われたんですが再発の確率は高いのでしょうか?
 

田澤先生から 【回答2】

 こんにちは。田澤です。
 乳癌と診断されたのですね。
 お気持ち、お察しします。

回答

「術後はホルモン療法が効かないのでハーセプチンを使って治療する、との事でした。」
⇒HER2タイプなので、(単剤ではなく)化学療法と併用してハーセプチンを行う事となります。
 
「進行型の癌と言われた」
⇒どういう意味か不明です。
 「cT2, cN1, cStageⅡB」は『進行乳癌ではありません』
 「リンパ節に2つの影があるが判別不能」という程度では決して「進行乳癌」とは言えません。
 
「再発の確率は高いのでしょうか?」
⇒Ⅱ期であれば、それ程高くありません。5年生存率で90%あります。
●ハーセプチン療法は「ターゲットのしっかりした」とてもいい治療です。



質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
0
Scroll Up