Site Overlay

脇のしこりについて

[管理番号:2304]
性別:女性
年齢:52歳
はじめまして。
よろしくお願いします。
過去に乳がんになり、温存手術でかなり取りました。
ホルモン剤適応でしたが、約3年たち治療はやめておりました。
半年前に、脇にシコリが出来たので最近病院でマンモとエコーを受け、
おそらく再発リンパ節転移だろうということで、まだ詳しい検査はしていないのですが、手術はしないで抗ガン剤で治療といわれました。
シコリは15ミリだそうです。
小さくなってから手術も考えるとのことです。
症状としては、脇と腕に痛みや痒みがあります。
かなり症状としては危険でしょうか?
前回と同じ左側なので、なんとかシコリのみをとり、抗ガン剤はやらない方向で治療したいです。
ご指導のほど何卒よろしくお願いします。
 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。
「過去に乳がん半年前に、脇にシコリが出来たので最近病院でマンモとエコーを受け、おそらく再発リンパ節転移だろうということで、まだ詳しい検査はしていないのですが、手術はしないで抗ガン剤で治療といわれました。シコリは15ミリだそうです。」
⇒手術をするべきです。
 あくまでも「リンパ節は局所の問題」です。
 局所療法(手術±放射線  ♯放射線は初回手術時の照射野から外れていれば検討されるべき)が優先されるべきです。
 
「小さくなってから手術も考えるとのことです。」
⇒15mmは「十分小さい」です。
 このような「手術に消極的な乳腺外科医」にも困ったものです(私の愚痴でした)
 
「かなり症状としては危険でしょうか?」
⇒特にそのようなことはありません。
 
「前回と同じ左側なので、なんとかシコリのみをとり、抗ガン剤はやらない方向で治療したいです。」
⇒可能です。
 ○全身検索(PETなど)で異常所見が他にない
 ○リンパ節を切除し、そのサブタイプが「ホルモン感受性陽性」
 以上の条件を満たせば「局所療法(手術±放射線)+ホルモン療法」で十分なのです。

質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
0
江戸川病院 乳腺外科 東京都江戸川区東小岩2-24-18 電話03-3673-1221
Copyright © 2020 乳がんプラザ. All Rights Reserved.
Scroll Up