乳がんは早期発見、早期治療を目指しましょう。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ



[管理番号:2211]
性別:女性
年齢:46歳
田澤先生、おはようございます。
 
メディカルプラザ江戸川に転院を希望している者です。
初めて質問させて頂きます。
よろしくお願いします。
まずは、今日までの経過を伝えさせてください。
10月○○日 会社の健康診断で触診、マンモ、エコー、腫瘍マーカーを受ける(6~7年前から年に一度、同じメニューを受けています。
最初のエコーで、左下胸に1cmほどの腫瘤があり、細胞診で良性となった事があります。)
11月中旬 検査結果 エコーで左胸に腫瘤あり 要精密検査 その他は異常なし
12月初旬 近くの医大病院で診察
触診異常なし 採血
12月○○日 マンモ、エコー、MRI(造影剤)
12月○○日 結果、エコーで乳がんの疑い 左胸にいびつな形の影あり
その場でバネ式の針生検4箇所 CTスキャンの予約 結果報告時は家族同伴の指示
1月○○日 左胸のみCTスキャン(造影剤)
1月○○日 結果報告
このような状況です。
12月○○日までは、触診に異常なしだったので、気楽に過ごしてましたが、エコー画像の腫瘤の形が悪い。
乳がんの可能性があります。
と言われた瞬間から、体が震え、唯一できた質問が『大きいですか?』だけでした。
先生のお答えは、『小さいです。もしガンならステージ1です』とおっしゃいました。
そしてすぐ、隣室で細胞を取る検査をします。
となって、検査器具の説明をして頂き、局部麻酔をして検査をして頂きました。
止血の間に、『CTスキャンの予約を○○日に入れました。
結果報告は、○○日です。
急にいろいろ言われても、覚えられないよね。』とおっしゃられて、退室されました。
(テキパキとされていて、特に嫌な感じではありません)
その間、ただただ震え、返事をするのが精いっぱいでした。
その後、止血してもらった看護師さんから、結果報告では、手術や今後の治療のスケジュールの説明がありますので、ご家族同伴でお願いします。
と言われました。
なので、ガンが確定していると思ってます。
かなりのショックを受けましたが、それからいろいろ検索して、こちらのサイトに辿り着きました。
腫瘤の場所は、左胸乳頭から3cmほど内側のナナメ上で、エコーの画像には、角のあるやや不整形な台形をした影が映ってました。
大きさは、分かりませんでしたが、画面表示が実寸なら7~10㎜くらいだと思います。
そして、横目に見えたMRIの画像には小さな赤い点が散らばって見えました。
すごい恐怖を感じました。
私は、46歳で出産歴がなく、三姉妹の三女です。
長女が乳がんと子宮がんを経験しています。
残念ながら、リスクの高い方の条件に、いろいろ当てはまっています。
毎日、泣いて、眠れない日々ですが、こちらのQ&Aを読ませて頂いて、自分がどういう状態なのか、少し分かった気がして、時折、落ち着くことが出来るようになりました。
本当に感謝しています。
今後は、田澤先生に診て頂きたく転院を考えています。
今の先生や病院が嫌と言うわけではありません。
ただ、先生とは、まだ、5分もお話ししてないし、このままだと、流れ作業のように、手術になってしまいそうな不安があります。
あと、先生は、一般外科の先生でした。
こちらのQ&Aから、是非とも乳腺外科を受けた方がいいと知りました。
そして、体にメスが入るのかと考えたとき、田澤先生の『短時間で出血のない手術』が、とてもとても重要なことだと感じた次第です。
ここから、質問になります。
① シコリを感じられない場合の方が(怖がってるせいか、今でも自分でシコリが探せません)、全摘になる症例が多いような気がします。
やはり、その様な傾向がありますか?
② ○○日に転院の希望を伝えようと思います。
このタイミングでの転院は、非常識にあたりますか?
また、検査の結果以外に、紹介状を頂いた方がいいですか?
③少しでも早く、田澤先生に診ていただきたいと思ってます。
○○日の結果を待たずして、予約をさせて頂いても良いですか?
また、すぐに予約は取れない状況とお見受けします。
田澤先生の診察まで少し間が空いても、大丈夫でしょうか?
もしくは当日受付の日に行かせて頂く方が、早く診察を受けれますか?
④やはり、胸の変形が怖いです。
私は胸が大変小さいですが、運良く、温存手術になった場合に出来る変形というか、抉れは、目立たなくなるほど、自然治癒するものですか?
姉は、左胸の下側を1/3ほどを切除し、かなり抉れていた様ですが、何年か経って、一緒に温泉に行ったときには、全く分かりませんでした。
不思議で仕方ありません。
⑤これは、田澤先生に聞いてもお困りかもしれませんが、がん保険の為の診断書(保険会社から送られる書類)は、転院後、田澤先生に書いて頂いてもよいものですか?それとも、最初に乳がんと診断した先生に書いて頂くのが筋でしょうか?
不安と心配が大きく、長文になり、本当に申し訳ありません。
何卒よろしくお願いします。
 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。
乳癌告知(まだ未確定ではありますが)から日が浅く気持ちが落ち着いていない状況だと思います。
 
「大きさは、分かりませんでしたが、画面表示が実寸なら7~10㎜くらい」
⇒十分な「早期乳癌」です。
 早期発見できて、幸運だと捉えてください。
 
「横目に見えたMRIの画像には小さな赤い点が散らばって見え」
⇒これは「血流をみているだけ」です。
 心配無用です。
 
「そして、体にメスが入るのかと考えたとき、田澤先生の『短時間で出血のない手術』が、とてもとても重要なことだと感じた次第です。」
⇒御評価、ありがとうございます。
 「出血させないこと」が手術では最も重要です。
 「出血」が「それを止める為に手術時間が長時間となる原因」ともなるし、「術野の血液が視野の邪魔となり、正確な手技の妨げ」でもあり、「術後ドレーンが必要」となるため「腕の運動の妨げ・入院期間の延長」ともなります。
 そして、「出血が引き起こす貧血」が何よりも「患者さん自身の体への負担」となるのです。
「① シコリを感じられない場合の方が(怖がってるせいか、今でも自分でシコリが探せません)、全摘になる症例が多いような気がします。やはり、その様な傾向がありますか?」
⇒それは誤りです。
 「シコリを自覚=腫瘍が大きい」方が「温存する条件が悪く」なります。
 
○「シコリを感じない」場合でも2通りあることに注意が必要です。
 「エコーで見える」場合と「エコーで見えない」場合です。
 「エコーで見えない」場合は「石灰化など、(MRIで見ると)拡がりが広いケース」があり、その場合「全摘が安全」となります。
 しかし質問者は「エコーで見える」訳なので、上記とは異なります。
 
「② 19日に転院の希望を伝えようと思います。このタイミングでの転院は、非常識にあたりますか?」
⇒そんな事はありません。
 転院希望は(決めたなら)「早い方が」先方にとっては(細かく手術の説明や日程、入院案内などを説明した後に)言われるよりは、いい筈です。
 
「また、検査の結果以外に、紹介状を頂いた方がいいですか?」
⇒「検査結果だけでも」十分です。
 (針生検の)「病理結果」と「MRI」があれば十分です(CTでは所見がないのが当然です)
「③少しでも早く、田澤先生に診ていただきたいと思ってます。○○日の結果を待たずして、予約をさせて頂いても良いですか?」
⇒大丈夫です。
 
「診察まで少し間が空いても、大丈夫でしょうか?もしくは当日受付の日に行かせて頂く方が、早く診察を受けれますか?」
⇒小平秘書 secretarya@edogawa.or.jp へ相談してみてください。
 かなり混みあってはいますが、「緊急度に応じた」案内をしています。

江戸川病院 乳腺外科 小平秘書
電話:070-6977-7527
メール:secretarya@edogawa.or.jp
メールには①Q&A管理番号(ある方のみ) ②現在の症状 ③氏名 ④生年月日 ⑤電話番号 を記載してください。
 
*ドメイン設定(受信拒否設定)をされている方の場合、江戸川病院 乳腺外科 秘書室から送るメールを確認することができません。
 ドメイン設定を解除して頂いただくか、又はドメイン edogawa.or.jp を受信リストに加えてください。

 
 
「④やはり、胸の変形が怖いです。私は胸が大変小さいですが、運良く、温存手術になった場合に出来る変形というか、抉れは、目立たなくなるほど、自然治癒するものですか?」
⇒腫瘍径も小さいから、あまり問題無さそうに思います。
 
「⑤これは、田澤先生に聞いてもお困りかもしれませんが、がん保険の為の診断書(保険会社から送られる書類)は、転院後、田澤先生に書いて頂いてもよいものですか?それとも、最初に乳がんと診断した先生に書いて頂くのが筋でしょうか?」
⇒これは「治療した病院で書く」ことになります。
 転院すれば、「私が書く」ことになります。
 問題ありません。





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。