Site Overlay

浸潤性小葉がん

[管理番号:2072]
性別:女性
年齢:58歳
 
 

質問者様の別の質問

質問が新たな内容のため、別の管理番号としました。
質問者様の別の質問は下記をクリックしてください。
管理番号:2101「再発後の治療法

 
 
いつもこのコーナーで勉強しています。
病理の結果が出ましたので先生にいくつかお尋ねしたいと思います。
浸潤性小葉がんで12月に右胸筋温存乳房切除術+組織拡張器留置を行いました。
病理結果
腫瘍の大きさ 浸潤部 30mm×20mm×8m
全体で 30mm×30mm×18mm
腋窩のリンパ節転移 なし ( 0/2)
(センチネルリンパ節 0/2)
脈管内(リンパ菅、静脈)侵入 なし
核グレード分類 3
核異型度 3+ 核分裂像 9/10HPF
ホルモンレセプター 陽性
エストローゲンレセプター :+ 80%
プロゲステロンレセプター : –
ハーセプテスト : 1+
MIB-1 : 14.2%
ここで質問です。
プロゲステロンレセプターが陰性ですがMIB-1が低いので抗癌剤治療の必要がないということですか?核グレードが3ということは再発したとき手ごわい相手だということですか?よろしくお願いします。
 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。
pT2(30mm), pN0, luminal Aですね。
「プロゲステロンレセプターが陰性ですがMIB-1が低いので抗癌剤治療の必要がないということですか?」
⇒その通りです。
 プロゲステロンレセプターの染色性は信頼性がありません。 エストロゲンレセプターが「強陽性」なのだから「ルミナールタイプ」です。
 その上で、現時点では「ルミナールAとBの境界はKi67]となっています。
 「Ki67=14.2%」は文句なしの「ルミナールA」となります。
 ルミナールAでpN0ですから「ホルモン療法単独」でいいのです。
 
「核グレードが3ということは再発したとき手ごわい相手だということですか?」
⇒そんな事はありません。
 小葉癌の「顔つき=核異型度」は高くなる傾向にあります。(もともとの組織型の違いです)
 その意味では「核分裂像 9個/10視野=スコア2」ですから、実質「核グレード2」とも言えます。

質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
0
江戸川病院 乳腺外科 東京都江戸川区東小岩2-24-18 電話03-3673-1221
Copyright © 2020 乳がんプラザ. All Rights Reserved.
Scroll Up