Site Overlay

しこりの急変

[管理番号:510]
性別:女性
年齢:35歳
半年前に乳ガン健診のエコーで要精密検査になりました。
その後乳腺センターのある病院でエコーと針生検(生検CNB)
を受けて乳管内乳頭腫と診断されました。
乳頭近く(斜め上)に1㎝のしこりがあります。分泌物は全くありません。
3ヶ月後のエコーではしこりの大きさや様子に変化がなく大丈夫と言われていましたが、さらに3ヶ月後のエコーではしこりが1.4㎝になっていて、のうほうがあって水が溜まってるとのことでした。今度マンモグラフィーをして場合によっては再度針生検をするそうです。
乳ガンの可能性もあるかと聞いたらその可能性もあると言われました。
今まで良性なので心配ないと言われていたのでとても動揺しています。
しこりの様子が急変することはあり得ますか?
やはり悪性の可能性が高いと考えられますか?
 

田澤先生からの回答

 こんにちは。田澤です。
 「針生検にて乳管内乳頭腫」と診断されたが、その半年後には「増大」しているのですね。

回答

「しこりが1.4㎝になっていて、のうほうがあって水が溜まってる」
⇒嚢胞内腫瘍のようです。
 これは「針生検では診断を謝る」可能性があります。
 「摘出生検」をするべきです。
 
「しこりの様子が急変することはあり得ますか?やはり悪性の可能性が高いと考えられますか?」
⇒悪性の可能性はあります。
 嚢胞内腫瘍の場合は、その分泌液が増加することで「急に増大」することがあります。
 それは「腫瘍自体が増大」とは異なります。
 だから、「増大したから」悪性の可能性があるといっているのではありません。
 「嚢胞内腫瘍」だから、(前回の針生検の精度があやしい) 摘出生検が望ましいと思います。



質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
0
Scroll Up