Site Overlay

ホルモン治療と分子標的薬について

[管理番号:10108]
性別:女性
年齢:35
病名:乳がん
症状:
投稿日:2022年2月22日

こんにちは。
いつも大変有益な情報をありがとうございます。

35歳、トリプルポジティブ、ステージ2a、術前化学療法で完全奏効。

全摘後、タモキシフェン服用中、ハーセプチン、パージェタは秋まで投与予定です。

【質問1】主治医は、 術前化学療法により生理が止まっているため、リュープリンは併用せず、もし生理が再開した場合は併用するという治療方針です。

SOFT試験で併用に効果があるとされたのは「35歳未満」「化学療法閉経から回復した場合」とのことですが、これはどちらか一方の条件にあてはまればということでしょうか?それとも両方なのでしょうか。
化学療法で生理が止まっていても、現在35歳なので(厳密にいえば「未満」なので35歳は含まれないかもしれませんが)、リュープリンを併用しなくて大丈夫なのか不安です。
主治医の方針は妥当なのでしょうか。

【質問2】術前化学療法でハーセプチン、パージェタをドセタキセルと一緒に4クール行なったときは、副作用として下痢や皮膚の痒み、湿疹がありました。
薬剤師さんからはパージェタが原因と聞いたので、術後のハーセプチン、パージェタでも同じ症状が起こるものと構えていたのですが、術後初めてのクールを終えて3週間近く経った今、何の症状も起きていません。
皮膚の痒みや湿疹は、分子標的薬が効いている証拠と聞いたことがあり、途中から薬が効かなくなったのではないかと不安です。
分子標的薬の副作用と効き目は比例しますか?
また、分子標的薬の効き目が途中でなくなることはあるのでしょうか。

【質問3】術前化学療法で完全奏効となりましたが、抗がん剤(AC、ドセタキセル)だけの力で完全奏効になることは有り得ますか?
その説が有り得る場合、完全奏効となったものの実は分子標的薬が効いておらず、腫瘍以外にからだに散らばったHER2陽性のがん細胞が術後療法では抑えきれない可能性がありますか?分子標的薬が効かなかったらどうしようと思うと不安です。

【質問4】私のようなケースでは、術後のフォローアップとしては半年ごとに腫瘍マーカーとエコー、年1回の健側のマンモで大丈夫でしょうか。
決まりはないと思いますが、先生はどのようなフォローアップをおすすめされますか。

お忙しいことと存じますが、ご教示のほど、何卒よろしくお願いいたします。

 

田澤先生からの回答

こんにちは田澤です。

【質問1】主治医は、 術前化学療法により生理が止まっているため、
リュープリンは併用せず、もし生理が再開した場合は併用するという治療方針です。

⇒私も「全く」同様にします。

【質問2】
下痢や皮膚の痒み、
湿疹がありました。

⇒docetaxelによる副作用でしょう。(pertuzumabでも下痢は起こりますが、皮膚のアレルギーはdocetaxelによるものですよ)

【質問3】術前化学療法で完全奏効となりましたが、抗がん剤(AC、ドセタキセル)だけの力で完全奏効になることは有り得ますか?
⇒考えすぎ(分子標的薬とdocetaxel、anthracycline全ての効果であり、「どれが一番?」など誰にも解りません。)

【質問4】私のようなケースでは、術後のフォローアップとしては半年ごとに腫瘍マーカーとエコー、年1回の健側のマンモで大丈夫でしょうか。
⇒それでいいと思います。

Scroll Up