Site Overlay

術後化学療法について

[管理番号:9970]
性別:女性
年齢:58
病名:乳がん
症状:
投稿日:2021年12月24日

お世話になります。

母の術後化学療法について質問させてください。

ステージ3で全摘しました。

腫瘍6cm、リンパ節転移3、ホルモン陽性、Her2陽性でした。

病院からはTC+ハーセプチンを提案されましたが、調べたところドセタキセル+ハーセプチン+パージェタというのもあると知りました。

主治医には初発の場合はパージェタは使わないと言われましたが、乳がんプラザを拝見しているとそのようなことはないと書かれており悩んでいます。

TC+ハーセプチンとドセハーパーだと効果に違いはありますでしょうか?
先生ならどちらを選択されますか?

 

田澤先生からの回答

こんにちは田澤です。

スタンダードは
Anthracycline(ECなど)4回⇒trasutuzumab+pertuzumab+docetaxel 4回⇒
trastuzumab+pertuzumab 14回
となります。

上記を前提として早期の場合(主としてリンパ節転移陰性など)にanthracyclineや
pertuzumabを省略してTC+HERなどになります。

質問者(のお母さん)は上記スタンダードが一般的です。

「主治医には初発の場合はパージェタは使わないと言われました」
⇒誤り!!
 専門医ではないのでしょうが、(申し訳ありませんが)乳がん治療を任せられる状況に無いと言えます。
 ご参考に。

Scroll Up