Site Overlay

何度も組織生検をし2回もして病理検査で悪性診断されず、次はしこり切除して病理検査予定。手術を毎回しているドクターに不安を感じてます。

[管理番号:9145]
性別:女性
年齢:43
病名:小葉腫瘍
症状:触診では見つけられない、しこりが二つあります。
ひとつは良性もう一つはMRI、エコーを見る限り癌疑い 乳がん疑いと言われたら毎日右脇の痛み、胸の張りあり!
投稿日:2021年1月27日

はじめまして
よろしくお願いします。

《21歳の時に出産をしています。
今は癌疑いとでているので辞めてしまいましたが、排卵痛があり4年くらい低容量ピル ルナベルUDLを飲んでいました。》
私の母は33歳の時に乳がんで左胸を全摘し、リンパに転移して放射線をしました。
58歳でまた乳がんになり肝臓、肺に転移しポーターをうめる手術をし、抗がん剤をやりましたが、結果○○に入り59歳で亡くなりました。
6年後は父が66歳で肺がんの為他界しました。

遺伝もあると思い20歳の頃から毎年乳がん検診は受けていましたが、20代にはマンモグラフィで石灰化してるとも言われたこともあります。
○○にある○○医学大学病院に通ってましたが、そちらの乳腺科の○○先生が独立され○○にある○○の医院長になられたので、10年前くらいから、そちらのクリニックに毎年通うようになりました。
今年の検査11月にマンモ、エコー検査、エコーをみると右胸に怪しい影があるということで造影剤を使い MRIをした結果、しこりが二つあり、つぎは局部麻酔で一度に2箇所乳房組織生検をやりました小さいしこりは吸引式で結果良性でしたが、11時のあたりにあるしこりは細胞をボールペンくらいの太さの針生検をして乳がん疑いとでましたが、悪性とでず、次は吸引式生検をやりましたが、やはり悪性とはでず、福田護先生に頂いた説明記録には小葉腫瘍と記載され、次回は皮膚切開して腫瘍を切除するようです。
このような状態が11月から続き、脇の下も痛みがあり、(気持ちの問題ですと言われましたが)右胸が例えて言いますと、赤ちゃんに母乳をあげれなくてずっと母乳がたまってジリジリと張ている状態です。

私の悩みはこの生検検査を2回やって頂いたドクターがしこりの場所を、エコーでうまく把握できず取れずに、悪性と検査結果がでないのかと思ってしまっています。
次回このドクターが皮膚切開するので、またうまくとれなかったらと不安です。
○○院長にはこのしこりを取って悪性だったら、周りをもう少し取るような事も言われたのですが。
全摘のような言い方ではなくて、家に帰ってきてから疑問に思いました。
ちなみに吸引式で細胞をとったしこりも本当に良性なとかとも不安です。
まだその良性の部分は血の塊?血っしゅで硬くなっています!問題はないようですが。
もう2ヶ月くらい経ってしまい、転移したり悪い型の癌に変わってしまうんではないかとも不安です。
このようなことはあるのでしょうか?
ちなみに○○院長はエコーMRIをみるかぎりだと乳がん疑うとはおっしゃっています。
ですが、悪性と出ない限り、私達は前に進めないと言われました。
悪性と出た場合は遺伝子検査を行うようです。
セカンドオピニオンをしたほうがよいのかとも悩んでいます。
 よろしくお願いします

 

田澤先生からの回答

こんにちは田澤です。

「乳がん疑いと言われたら毎日右脇の痛み、胸の張りあり!」
⇒これは、(疾患とは無関係で)ストレスによる女性ホルモン刺激症状です。(リンパ節転移では?みたいな発想は止めましょう。因みにリンパ節転移に症状はありません)

「11時のあたりにあるしこりは細胞をボールペンくらいの太さの針生検をして乳がん疑いとでましたが、悪性とでず、次は吸引式生検をやりましたが、やはり悪性とはでず」
⇒これは非常に気になります。

 このQAでも数限りなく登場する「診断手技に難がある」事例の可能性があります。
 無駄な経過観察で困るのは(その医師ではなく)「あなた自身」であることを指摘しておきます。



質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
28+
Scroll Up