Site Overlay

抗がん剤治療中の転移、再発について

[管理番号:9113]
性別:女性
年齢:44
病名:乳がん
症状:
投稿日:2021年1月14日

6月よりWeeklyパクリタキセル。
10月に左乳房全摘手術、リンパ節郭清。
現在AC療法を本日終えました。

トリプルネガティブ、グレード3、ki90、リンパ節21個に転移。

このあと放射線治療を行う予定です。
慢性心不全をもっていますがAC療法を終えることができました。

①ゼローダをした方が再発リスクは減るのでしょうか?(医師は心臓の事を考えたらしないというのもありかもと言っていました)
②抗がん剤治療中の転移、再発はありえるのでしょうか?(今のところ採血で問題はありません)

 

田澤先生からの回答

こんにちは田澤です。

「①ゼローダをした方が再発リスクは減るのでしょうか?(医師は心臓の事を考えたらしないというのもありかもと言っていました)」
⇒適応外診療_!!  決して行ってはいけません。
 『今週のコラム 136回目 決して適応外診療を勧めることはありません。今回のガイドラインの記載には正直、迷惑であり驚いています』を、熟読してください。

「②抗がん剤治療中の転移、再発はありえるのでしょうか?(今のところ採血で問題はありません)」
⇒想像する理由がありません。



質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
22+
Scroll Up