Site Overlay

マンモグラフィーの必要性について

[管理番号:9097]
性別:女性
年齢:50
病名:乳癌
症状:なし
投稿日:2021年1月6日

いつもお世話になっております。

田澤先生に手術していただいてから約3年が経ちます。

その後定期検診でお世話になっているのですが、
その際のマンモグラフィーは省略できないものでしょうか?

田澤先生が常々おっしゃっているエコー最強説。
しかも私は田澤先生に診ていただいているので
大船に乗った気持ちでかなり安心しています。

引用記事
■疑いの余地なく、「エコー」が最強です。

https://nyuugan.jp/column/56756

しかし一年に一度はマンモグラフィーを勧めていらっしゃって、それはなぜだろう??と不思議に思っております。

痛みと苦痛が伴い、更に(相当微量とはいえ)被爆もある。

田澤先生がエコーしてくださるなら、マンモグラフィーはスキップしても良いのではないか??と。

私の考えは誤りでしょうか?
ご指導の程よろしくお願いいたします。

 

田澤先生からの回答

こんにちは田澤です。

「しかし一年に一度はマンモグラフィーを勧めていらっしゃって、それはなぜだろう??と不思議に思っております」
⇒唯一、術後の定期検査としてエビデンスがあるのが「年に1回のマンモ」だからです。

 ただ個人的には、エコーをきっちりしていればマンモは「石灰化のチェックのために、数年に1回でいいのでは?」と思っているのも事実です。

 なので、年に1回のマンモは勧めるが強要はしないというスタンスなのです。



質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
34+
Scroll Up