Site Overlay

乳房温存後の断端陽性について

[管理番号:9081]
性別:女性
年齢:42歳
病名:invasive ductal carcinoma 最大浸潤径19ミリ 浸潤径+乳管内癌巣 28×23
×10ミリ、pT1c リンパ節 センチネル0/4 pNO(sn) 断端 + 乳管内癌巣  脈管侵
襲 Ly0 v0 組織学的波及度 f 核グレード2 異型スコア2点 分裂像スコア2点
pStageⅠA
症状:
投稿日:2020年12月25日

はじめまして。

今月中旬に浸潤性乳管癌の診断で温存手術を受けました.センチネルは0/4 で郭清は省略になりましたが、病理検査の結果で断端陽性が1箇所見つかったということで放射線の追加とホルモン療法を提案されました。
断端の部分が乳管内にとどまっているとのことで放射線追加ということですが、再切除ではなくて再発リスクなどしっかり軽減できるのか不安です。

 

田澤先生からの回答

こんにちは田澤です。

「放射線追加ということですが、再切除ではなくて再発リスクなどしっかり軽減できるのか不安です。」
⇒断端の程度が不明なので、評価は難しいですが

 不安であれば「再切除が安全」であることは間違いありません。(主治医と再度、ご相談を)



質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
15+
Scroll Up