Site Overlay

乳癌手術について

[管理番号:2907]
性別:女性
年齢:52歳
2016年5月(中旬)日右乳房全摘手術後、エキスパンダー挿入予定です。
右乳腺BE領域10ミリ大のSOL→CNB Scirrhous carcinoma  
ER+ PGR+ HER2(1+)  MBI-1陽性細胞 5%程度
左乳腺C領域12ミリ乳管拡張集蔟像ABCで精査要  →CNB
検査後  円柱上皮化成(良性増殖性病変)と確定
そこで 担当医の先生にいわれたのが、 
(MRI・PET-CT)の結果転移なし、
たぶんリンパへの転移はないと思うが、手術中のセンチネルリンパ節生検で
転移が多数(または1~2個の軽微な転移)あれば、もちろん郭清して、
(乳房再建中止)
だが、リンパ節に1個だけ小さな転移がある時は、 乳房は切除するが、リンパ節は残して
【TC療法×4】の抗がん剤治療後、郭清するとリンパ浮腫がほぼないから。
手術は2回することになるけれども、  おすすめすると言われました。
他の病院では あまり行ってないけども とも言われてます。
乳癌ガイドラインにも掲載がなく どうしたらよいか迷ってます。
最近の治療には そのような症例があるのでしょうか?
私としては、転移があるのなら少しでも早く取り除いたほうがと思うのですが。
 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。
cT1b(10mm), cN0, luminalA(Ki67=5%)
十分な早期で、しかも「文句なしの」luminalA
これは全く抗ガン剤の適応がない(効きません)
「リンパ節に1個だけ小さな転移がある時は、 乳房は切除するが、リンパ節は残して【TC療法×4】の抗がん剤治療後、郭清するとリンパ浮腫がほぼないから。手術は2回することになるけれども、おすすめすると言われました。」
⇒とても賛成できません。
 ①まず「微小転移」は「そもそも郭清省略で問題無」だと思いますし、
 ②luminalA なので「微小転移」があるからといって、「化学療法の適応自体」ありません。
 ③わざわざ2回手術するなら、「何のための術中迅速診断なのか???」
○質問者には、申し訳ありませんが「その独自の治療方針」には全く妥当性が見いだせません。
 
 

 

質問者様から 【質問2】

5月に乳がん手術の方法について疑問点を感じ 田澤先生に 質問させていただきました。
  
癌の宣告を受けてからは、 担当医の先生の言われるままになりすぎていたようで、先生からの回答を頂き 冷静になり、 手術前に、 リンパ節転移ある時は郭清していただくよう 担当医にお願いしました。
手術後 病理結果、 田澤先生の言われた通りでした。
 
リンパ節転移なし
ER:>90% score 3b
PgR:>90% score 3b
HER2 score:0
MIB-1 index:7.8%
『ルミナールA』 ホルモン治療は必須 と言われました。
2週間前より タモキシフェン錠20mg【明治】 とクレストール2.5mg を1日各1錠服用してます。
(LDLコレストロール
185)
ホルモン治療の薬は、 先発品か、ジェネリックか、希望は聞かれませんでした。
 ネットで調べていると、ノルバデックスか、タモキシフェン【バイエル】を服用されているかたが多くみられ 先発品と変わらないとも言われてますが、気持ち的に 先発品がよいのではと思いつつジェネリックも何種類かあるなかで どうしてこれを処方されたのか?
 何か理由があるのか?
コレステロールの薬との関係があり 明治のものになっているのか?
とかいろいろ考え 気になって仕方ありません。
 
癌の治療薬だから せめて5年間は 先発薬ノルバデックスを服用したいいと 思うのですが、間違いでしょうか。
 
先発品へ変えてほしいという希望は、可能でしょうか。
手術方針も 少々変わったことを 提案されたこともあり かなり不安です。
 
また 田澤先生を頼らせていただきました。
 
 

田澤先生から 【回答2】

こんにちは。田澤です。
リンパ節転移が無くて良かったですね。
「癌の治療薬だから せめて5年間は 先発薬ノルバデックスを服用したいいと 思うのですが、間違いでしょうか。」
⇒間違いではありません。
 そのように考えて「先発品を」(多少高くても)希望する方と、(どうせ同じものだから安い方がいいと)「ジェネリックを希望」する方がいらっしゃいますが、私には全く拘りはありません。(患者さんの拘りでいいでしょう)
 
 
「先発品へ変えてほしいという希望は、可能でしょうか。」
⇒勿論です。



質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
1+
Scroll Up